ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキソレイユの17年産 栗東・高野友和(予定) 青毛 2歳(2017.4.8) 2017年産2歳募集馬
2019年6月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:エイシンフラッシュ
■母:タイキソレイユ
■母の父:フジキセキ
■募集総額(万円):1,800
■口数:200
■一口出資金(円):90,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):494
■募集状況:募集中
2019/6/24
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「ここまで、牡牝の隔てなく、同様の調教を積んできました。牡馬に負けない見映えの馬体だけでなく、運動能力でも、全く引けを取らない動きができています。ファームコンサルタントの服巻獣医師の定期診断の際は『頭が軽く、脚長で伸びの良い好馬体。胸幅は無いが、胴が伸びて、首差しが太くなり、肩も大きくなった。全体的に気配良好。ボディコンディションは少し高めなので、もう少し絞った方が良い。』とのコメントをもらっており、順調な成長を再確認できました。今後気温が上がってくるにつれて、ボディコンディションは適正なところまで落ちてくると思いますので、引き続きコンスタントに乗り込むことに重点を置いて進めていきます。」

2019/6/17
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「上半身の成長にともない、しっかりと後脚にも筋肉がついてきたので、より前脚の動きがダイナミックになりました。今のところこちらが思い描く理想の形で成長をしてくれています。非常に利口で、こちらの要求に何でも応えてくれますし、何事も器用にこなしますね。母タイキソレイユは少し気難しいところがあったので、調教が進むにつれてそういう面が出て来るのでは、と危惧していましたが、杞憂だったようです。現在の馬体重は494kgと、牝馬にしては大柄ですが、ここからは絞っていく過程に入りますので、実際に競馬する時は460kg台で出走出来たら理想ですね。」

2019/6/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「前回の本場での調教のみに落とした、軽いリフレッシュ期間が、本馬にとってはとても充実したものだったようで、本来この馬が持っている柔らかいフットワークが戻り、気持良さそうに走っています。特に背中をとても柔らかく使うことができていますので、歩度の伸縮は自由自在で、どんなペースで走っていても、左右によれる事なく、真っ直ぐに走ることができています。もともとバランスの良いキャンターをする馬でしたが、胸の深さが出て、首差しも一回り太くなったようで、後肢が勝ち気味だった見た目のバランスも整い、一段と垢抜けたような印象を受けています。」

2019/6/03
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は軽め調教でのリフレッシュ期間明けで、BTCへの通い調教を再開しています。水曜日には坂路コースにて、1本目は17秒ペースの軽めキャンター、2本目は本馬の行く気に合わせて少し伸ばしたキャンターを行いました。特に促すことなく3F-44秒台でまとめてきましたので、調子はV字で回復していますし、硬さも取れて背中を使って動けるようになって来ましたね。週末の土曜日には、併せ馬で13秒台を叩き出しています。ガッツリと耳を後ろに絞って、気合溢れるキャンターを見せてくれました。日曜日の休馬を挟んで、本日も動かしていますが、反動も無くパワフルな走りで、筋肉の強度はかなり上がってきているのが分かります。現在の馬体重は494kgです。」

2019/5/27
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は引き続き、BTCでの調教は行わず、本場のウッドチップコースでの軽めの調教で調整しています。2週間楽をさせましたので、背中の硬さは取れて、伸びのある動きができています。鍼灸医師の所見も経過良好とのことで、今週からは、BTCへの通い調教を取り入れて、身体を作っていきたいと考えています。馬房ではおっとりとしたマイペースなところがあり、キャンター時の前向きな姿勢とは、また違った雰囲気を見せます。オンオフの切り替えが上手な馬ですね。」

2019/5/20
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週はBTCでの調教を行わず、調教距離も3000mから2000mに落とし、少し楽をさせながら、疲労を抜くことと、馬体の更なる成長を促す目的で、本場のウッドチップコースのみで調整を行いました。週末には、鍼灸医師に馬体全体の痛みをチェックしてもらい、腰まわりと、背中の筋肉の疲労回復を促進する為に、アミノ酸の筋肉注射を行っています。本日5/13(月)の調教では、腰まわりの疲労が抜けて、キャンターの軽さが増していましたが、背中の筋肉がまだ強張っているような走りになっていましたので、今週も少し軽めの調整で、鍼灸医師の診察をもう一度受ける予定にしています。現在の馬体重は502kgです。」

2019/5/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「今週から、更なる成長促進の為に、少し調教負荷を落とすにあたって、先週は2回のBTC調教を両方とも坂路での調教に変更しています。坂路では1本目を20-18/1Fで進め、2本目は15-13/1Fで、3F合計が44秒を切る程度にまとめて、スピード調教を行いました。ここまで十分に負荷を掛けて進めてきましたので、いずれも音を上げることなく、難なくこなすことができました。ビッシリと負荷を掛けましたので、今週は本場での調教のみで調整して行きます。」

2019/5/06
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週に引き続き、週2回のBTCでの調教をメインに、入厩へ向けた身体づくりのトレーニングを行っています。見栄えする馬体を得た上に、キャンターでの力強さは、日毎に増しているように感じます。迫力ある走りと、左右のブレが無く、キレを感じさせる走り、この両方を体現出来ているのは、運動能力の高さ故でしょうか。ゲート練習等、物覚えも早く、今のところ特に手を焼いたようなエピソードもありませんね。現在の馬体重は495kgです。」

2019/4/29
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬体重が順調に増えており、牡馬並みの見映えする馬体になってきました。しかし、キャンターには全く重さを感じさせず、立派に成長した馬体をバネのように弾ませて、本場やBTCでの調教をこなしています。少し前の走りと比較すると、首差しが発達した分、首を使ってキャンターができるようになり、さらに伸びのある走りになってきています。ガツンとくる手応えも、全身を使ったキャンターができている証拠ですね。」

2019/4/22
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「本日4/22(月)に高野友和調教師が来場されて本馬を見て行きました。『順調に成長している様で安心しました。以前に見た時より格段に良くなっています。牝馬で485kgあるのは頼もしいですし、成長過程で顔つきが少し変わって、走る馬の顔つきになっていたのが印象的ですね。早い組での入厩予定で検討していきたいと思います。』と話されて、本馬の成長振りに大変満足された様子でした。引き続き、しっかり鍛えて行きます。」

2019/4/15
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬体のハリツヤは相変わらず素晴らしく、高い水準で調子を維持できているようです。調教強度を上げて、負荷を掛けてきたことにより、肩周りの肉付きがボリュームアップしており、正面から見ると、かなり幅が出てきています。まだまだ馬格の成長の余地を残していますが、素軽さや速さだけでなく、馬力もついてきて、キャンターの安定感が増してきました。欲を言えば、もうあと蹄1,2つ分前に前脚をついて、重心が下がってくると、身体を全体を使った、伸びやかなキャンターに変わってきそうです。引き続き、工夫してより良いキャンターを目指して調教していきます。」

2019/4/08
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、場内ウッドコースでの調教に加え、BTCに通って、ダートコースでの1F-23~20のキャンター、坂路コースでは3F-50程度のキャンター1本と3F-45のキャンターを1本の計2本、それぞれ週1回ずつの強目の調教を取り入れて進めています。調教強度も上がって、筋疲労的には、一番きつい時期だと思いますが、グッと締まった馬体は、ツヤツヤ、キラキラの毛並みで、コンディションは最高ですね。速歩では、踊るように手先が軽く、キャンターは弾丸のように鋭く、エネルギーに満ち満ちており、視界に入ると目が奪われてしまうほどの雰囲気を醸しています。元気が有り余る様子も見せてきており、相当調子良い様です。これでいて、まだやや腰高で馬格は成長過程ですから、先々どんな姿を見せてくれるのか、本当に楽しみな一頭ですね。」

2019/4/01
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月半ばから、本場での調教と週1回のBTC坂路での調教に加え、BTC600mダートコースでの調教も週1回の頻度で取り入れています。今までとは違う環境で、気持ちを新たに、調教に集中させる目的と、幅員が大きなコースで、少しペースを上げたキャンターを乗り込むことでの、持久力アップも図っています。一組ずつ順番に利用する坂路とは違い、他所の牧場の馬と共有して利用するコースですので、よりトレセンや競馬に近い環境での調教になっています。いつでも前向きに調教に取り組んでくれて、どのコースでも、物見せずにみんなを引っ張っていってくれるので、大変助けられています。しかし、決して大人しい訳では無く、600mダートコースでは、他馬を追い抜いていく時などに、耳を絞って前進気勢を溢れさせる様を見て、きっちりと母の血を継いでいると確信しました。馬体面では、首差しから肩周りにかけての厚みが出てきている中、腹周りはスッキリとした体型を維持できており、よりメリハリが効いた、立派な馬体になってきました。ゲートの練習は、なんの問題も無く、ゲート内の駐立まで順調に進んでいます。現在の馬体重は491kgです。」

2019/3/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「競走馬名が『モーニングデュー(Morning Dew)』に決定しました。引き続き、ウッドチップコースでのキャンターと、週1回のBTC坂路コースでの調教で、負荷を掛けていっています。2月下旬からリフレッシュ期間を設けて、疲労の回復と、馬体の成長を促しています。期間は2週間ほどを予定しておりますので、今週の中頃にはリフレッシュを終えて、入厩へ向けた体力づくりを進めていく段取りを組んでいます。上半身の筋肉が発達してきて、もともと立派だった後肢とのバランスが取れてきました。その上、全体的に筋肉量が増し、着実にパワーアップしています。背中も漏れなく厚みを増しており、キャンターでは以前よりもはっきりと、筋肉の伸縮を感じとることができています。しっかりと背中を使えている証拠ですね。前後のバランスが整ったことで、馬体の完成度はかなり高いと感じています。最近では、自信がついてきたのか、坂路へ向かう道中など、他馬を引っ張ってどんどん進んでいく姿に、頼もしさを感じるようになりました。現在の馬体重は481kgです。」

2019/2/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「1月中旬から、週一回、BTC坂路コースにて、1本目17-16ペース、2本目を15-15ペースでのキャンターを取り入れて調教を行っています。力のいる坂路でも、ウッドコースでのキャンターと同様、柔らかく軽やかなキャンターができており、15-15ペースで走っている様には感じられない余裕を見せています。広く、しなやかで安定感のある背中の乗り味は一級品で、ブレの無い疾走感と、力強さを感じます。現時点では後肢の方が勝っており、これから上半身がボリュームアップしてくると、更にバランスのとれた好馬体になってきそうです。キ甲は抜けておらず、馬格はまだまだ大きくなりそうです。現在の馬体重は476kgです。」


△ ページの先頭へ戻る