ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキキララの19年産 栗東・牧浦充徳(予定) 黒鹿毛 2歳(2019.2.28) 2019年産2歳募集馬
2021年1月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:キズナ
■母:タイキキララ
■母の父:キングヘイロー
■募集総額(万円):2,000
■口数:400
■一口出資金(円):50,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):488
■募集状況:募集中
2021/2/01
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【調教内容】「引き続き、順調に調教メニューをこなしています。本馬は1/19(火)よりBTC坂路調教を開始しました。本場のウッドチップコースで3600mを十分に乗り込んできましたので、目論見通り楽々とハロン15秒の時計を出すことができています。登坂後の息の入りも早く、しっかりと基礎体力が培われていることが確認できました。今後は馬体の疲労具合を見ながら、大体週1回のペースで坂路でのスピード調教を行っていきます。」

【個別近況】「坂路調教では、脚の回転が速く、そして柔らかい走りで、馬場を滑るようにスーッと駆け上がることができており、首はしっかりと上下動させて重心を低く保っています。背中は広く、上下左右にブレの無い安定感のある乗り心地です。現在の馬体重は486kgで、乗り込みながら馬体を維持できています。課題に挙げていた上半身のボリュームアップについては、坂路調教で大きく身体を動かすようになってから、肩周りの肉付きが良くなってきて、前後の釣り合いがとれてきました。一方で、体高は変わらず低めで、まだまだ成長途上ですので、日照時間が伸びてきてからの更なる成長に期待しています。」

2021/1/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「この世代から昼夜放牧を行いながら馴致を進めていく方法を取っています。放牧後のノンストレスな状態で馴致を行いますので、人馬共に事故のリスクが低く、かつ馴致期間中に落ちる運動量を昼夜放牧で補うことで、騎乗運動開始時の基礎体力が例年よりも大幅に引き上げられている実感があります。また、場内の600mウッドチップコースには、昨年に続きチップを足しており、より深く負荷の掛かる馬場での運動を行っています。チップを足したことで、冬期の凍結を防ぐことができ、この時期でも変わらずに乗り込むことができています。1月中旬からはBTC坂路コースでの調教を予定しておりますが、本場で十分に乗り込んで体力をつけていますので、1回目は馬場見せ程度の登坂になりますが、2回目からは15-15ペースの調教が出来る見込みです。」

【個別近況】「本馬は8月の上旬から初期馴致を開始し、8月中旬には外馬場での騎乗運動まで進めることができています。母の産駒らしくヤンチャな性格を存分に発揮しており、馬房内や手入れ中などではかなり手を焼いています。しかし、不思議と人が跨ると散漫な気が一点に集まるように、キリッとスイッチが入るので、馴致はスムーズそのもので馬場デビューまではすんなりと行きました。ロンギ場内での騎乗運動の時点で、その運動神経・バランスの良さというポテンシャルの高さを見せつけてくれていましたが、ウッドチップコースでのキャンターでも、一歩一歩に推進を感じるキレのある動きを披露してくれています。首差しから肩回りにかけての筋肉は、現時点でも十分なほどの発達を見せていますが、大迫力のトモのボリュームと比較すると、上半身はまだ釣り合ってきていないので、これから更に成長の余地があり、動きも良くなっていくと考えると少し末恐ろしさを感じますね。現在の馬体重は488kgです。」

2020/9/29
測尺値(計測日9/28)

馬体重 467kg
体 高 157cm
胸 囲 181cm
管 囲 20.5cm

2020/8/20
馬体重 457kg(+5) 計測日8/20

現在は初期馴致を完了し、馬場での運動にある程度慣れてきたところで、成長を促すためのリフレッシュ期間を取っています。

2020/8/19
測尺値(計測日8/8)

馬体重 452kg
体高 156cm
胸囲 181cm
管囲 20.3cm


△ ページの先頭へ戻る