ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキグラミーの16年産 美浦・上原博之(予定) 黒鹿毛 2歳(2016.2.12) 2016年産2歳募集馬
2018年8月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ゼンノロブロイ
■母:タイキグラミー
■母の父:フレンチデピュティ
■募集総額(万円):1,300
■口数:400
■一口出資金(円):32,500
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):478
■募集状況:募集終了
2018/8/13
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター1本、13-13のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路での高負荷の調教を、この時期にコンスタントに続けることができるだけでも、十分な素質が感じられます。体調面は良好そのもので、栄養斑点も出ていますし、キャンターにもキレがあります。息の入りも抜群に早く、デビューが待ち遠しいというのが、素直な感想です。今月末頃を目処に、名張へ移動を予定しています。」

2018/8/06
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター1本、13-13のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「変わらず、大きな頓挫もなく、コンスタントに調教を進めることができています。調教を重ねていく中で、馬体重が減ったこともありますが、少し負荷を落とせば、ふっくらとした馬体を取り戻すことができます。BTCでは、坂路で楽々と13秒台で上がってきますし、帰りの馬運車に乗る頃には、息も整っていますので、現時点では十二分な能力を発揮しています。」

2018/7/30
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在、それなりに馬格を持っていますが、現在も成長中なので、脚元への負担は十分に気を付けながら調整を行っています。デビューまで時間はかからなさそうなタイプのようですが、素質ある走りを見せてくれているだけに、慎重に仕上げていきます。」

2018/7/23
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「暑さが本格的になってきた時期に、少し体調を崩しかけましたが、2,3日ですぐに良くなりました。今では問題なく調教を進めることができており、毎日良い汗を流しています。馬房では大人しく、調教では集中して動くことができる、オンオフの切り替えが速く正確なので、競走馬としての高いセンスが窺え、将来の活躍が楽しみです。」

2018/7/16
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先日削蹄を行った際に、装蹄師から四肢均等に減っているので、とてもバランスが良い証拠だと、ポジティブな見解をいただきました。調教では、常に前向きな姿勢で臨んでおり、肢運びにクセの無い、しなやかな走りをしています。刻一刻とデビューの時が近づいています。」

2018/7/09
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「本場での調教でも、BTCの調教でも、コンスタントに併せ馬で乗り込まれており、徐々に暑くなってきた北海道でも、淡々と調教をこなしています。その一方で、馬体はかなり充実しており、キャンターのフォームも力強くなって、良化一途である現状は頼もしい限りです。今後も引き続き、強めの負荷は程々にしながら、じっくりと乗り込みを続けていきます。」

2018/7/02
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20-20のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「体型の完成度が、世代の中でもかなり高いレベルにあり、デビュー前ですが、既に競走馬らしい身体つきをしています。集中して走ることができるので、飲み込みもはやく、調教の負荷がしっかりと身につきます。仕上がりは早そうですが、育成の段階ではあまり仕上げ過ぎないように、負荷を調整していきます。」

2018/6/25
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「何事にも一生懸命取り組む性格ですので、気持ちが入り過ぎないように、ゆっくりとしたキャンターで調整しています。スローペースでも、バランスを崩さずに身体を使うことができている辺りに、本馬の競走馬としてのセンスを感じます。これから夏を越していく中で、身体が減ってしまわないように、飼い葉に工夫をしていきます。」

2018/6/18
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「ピカピカの毛ヅヤだけでなく、背中辺りに栄養斑点が出てきて、体調面ですこぶる良い状態にあることが分かります。先日、管理予定の上原博之調教師が来場された際に、『身体は申し分ないし、性格も活気があるので、これは走りそうですね』と一言いただきました。本馬の活躍がより楽しみになります。」

2018/6/11
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20-20のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、調子を落とすことなく、順風満帆に調教を進めることができています。能力があることはもちろん、その体質の強さも、本馬を語る上では欠かすことの出来ないストロングポイントです。先週はBTCにて坂路調教を行い、汗を一杯にかきながらも、鼻を膨らませることなく、息が整うのが早く、心肺能力の高さも窺えます。」

2018/6/04
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「順調に調教を進めることが出来ています。北海道でも徐々に暑くなってきましたが、オンとオフの切り替えが上手な本馬ですので、調教ではしっかりと汗をかいて、馬房ではゆったりと過ごすことができており、季節の変わり目での体調管理は、自ら調整できています。この調子であれば、本州の厳しい夏場も問題ないでしょう。」

2018/5/28
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場のウッドチップコースにて、順調に乗り込みを続けています。ふと思い返せば、どこかが痛んで休んだことが無いだけでなく、熱発や、疝痛など、健康面でも泣きが出た記憶が一度もなく、とても丈夫な身体の持ち主であると改めて気付きました。環境が変わっても、飼い食いが落ちる心配もなく、トレセンでの生活に不安はなさそうです。」

2018/5/21
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「体高など馬格の成長は、今の状態である程度落ち着きそうです。体力面ではまだまだ伸びしろがあり、底を見せていません。変わらず順調に進めることができていますが、BTC坂路コースでの高負荷の調教をしばらく続けていましたので、2週間ほどは本場のウッドチップコースでの調教のみとし、骨休めをします。」

2018/5/14
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「相変わらずの好馬体を維持しており、その見栄えに見合った能力も、日々の調教の中で発揮してくれています。ゲート練習も進んでおり、前後ともに閉扉した状態での駐立は難なくこなし、前扉を開ける音にも怯まずに、しっかりと発進ができています。今週も引き続き初入厩へ向けて調教を進めていきます。」

2018/5/07
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「ふっくらと全身を覆っていた皮下脂肪が、日々の調教によって筋肉へ変わっていき、輪郭がはっきりとした、大人びた馬体に変わってきています。乗り役の意図することを汲み、真面目に調教に臨む様子からも、本馬の頭の良さが垣間見ることができますし、ここまで順調に調教を進めることができています。5/1(火)計測の馬体重は480kgです。」


△ ページの先頭へ戻る