ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
ロザリアン 栗東・谷潔 黒鹿毛 2歳(2022.02.15) 2022年産1歳募集馬
2024年1月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:サンダースノー
■母:スピーナ
■母の父:ハーツクライ
■募集総額(万円):1,800
■口数:400
■一口出資金(円):45,000
■在厩先:栗東トレセン
■現在の馬体重(Kg):452
■募集状況:募集終了
2024/4/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は調教内容に変わりなく、週中と週末に15-15ペースの登坂調教をこなしています。引き続き気勢の良い走りで、息の入りも前回より早くなって、順調に体力強化が進んでいるようです。調教後の傷みもなく、馬体重は453kgでキープできているので、移動したての牝馬としては上々のコンディションです。引き続き、入厩へ向けて乗り込んでいきます。」

2024/4/09
★4月中の入厩を予定しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は通常メニューを消化しながら、水曜と土曜に強めの登坂調教をこなしています。水曜の登坂では2本のキャンターを消化し、2本目はテンからしっかり動かして3F-45の時計で走破しています。ガツンとくる手応えで、気勢の良いところを見せてくれています。さすがに2本目の最後は少し手応えが緩みましたが、この時期にこれだけ動ければ十分でしょう。谷潔調教師と相談した結果、4月中の検疫で初入厩する運びとなりました。現在の馬体重は453kgです。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「3/6(水)にこちらに到着し、翌週明けから軽めの運動を開始しました。3/11(月)からポリトラックコースで600mの軽めのキャンターを乗り始め、3月半ばには登坂調教を開始しています。同月末には四肢装蹄を行い、通常メニューの消化に加え、15-15ペースの登坂調教もこなしています。現在の馬体重は465kgです。順調に馬体も戻して、コンディションよく日々の調教をこなすことができていますね。」

2024/3/12
★3/6(水)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は調教内容に変わりなく、本場での3000mのキャンターと週1,2回の頻度でBTC坂路コースでのスピード調教をこなしてきました。2月下旬の登坂では気の良い走りで、14-14ペースを楽にこなしています。シャドーロールの効果も継続しており、集中力高く、前向きな走りの助けになっていますね。以降は輸送に備えて本場で身体づくりを行い、3/4(月)にこちらを出発し、3/6(水)に名張分場へ到着しています。出発時の馬体重が473kg、到着時は439kgでした。到着後はウォーキングマシーンでの運動で調整して、現在は452kgまで回復しており、今週頭から騎乗運動を開始しています。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:160cm  胸囲:182cm  管囲:20.5cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『ロザリアン/Rosarian』に決定しました。中間は、傷み知らずの馬体もさすがに疲労がたまってきて、右後肢の運びに硬さが出たため、1月後半に1週間ほどの休馬を挟んでいます。2月入ってからは通常メニューに復帰しており、今月はすでに2回、BTC坂路コースでの調教をこなしています。3F-45秒の登坂をキレのある走りで走破できていました。また、調教終わりの緩めた時など、乗り役を振り落とす癖が続いているので、休馬から復帰後にシャドーロールを装着しています。装着後はグッと集中力増して、坂路でも普段の調教でも秀逸な動きを見せてくれています。本質は成長が遅いタイプだと思いますが、個の動きだけで見れば早めから動けそうなイメージを持っています。馬体重は471kgになりました。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込んできました。BTC坂路コースでの強め調教は、昨年中に15-15ペース、3F-47秒台の登坂を経験しており、特に調教が進んでいる組の1頭です。15秒台の走りの後も四肢に傷みが出ることなく元気に調教をこなしており、コンディションも安定しています。体力的な余裕がありそうですね。全休日の翌日など、特にフレッシュな時は走りよりも乗り役を振り落とすことに気が行ってしまうところがあるので、休み明けは屋内馬場である程度発散させてから騎乗するようにしています。他馬よりも少し運動量が多い中、馬体重は460kgで変わらず、見た目も適度に余裕のある馬体を維持しています。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は適度に休息を挟みながら、前回同様に順調に調教強度を上げていくことができ、11月中旬にはBTC坂路コースでの調教を開始することができています。初めての登坂から案外グイグイと気勢の良いところがあって、多少の物見はあれど頼もしい一面を見せてくれています。その後も傷みなく順調に調教を重ね、11月末には3F-52秒ペースの登坂を消化するところまで進めることができました。普段からちょっとした反抗を見せたり、やや気難しいところはありますが、坂路に行き出してから自信をどんどん付けているように感じます。走りの面では特に注文はなく、このままバランスよく成長していってくれれば楽しみな1頭ですね。現在の馬体重は460kgで、馬体重の変化を見ても調教強度が上がってもしっかり消化できていることが分かりますね。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は、調教中に右後肢球節の内側に傷を作って休みを入れる期間がありましたが、その後は順調に調教強度を上げていくことができ、現在はウッドチップコースでキャンター1800mを乗るところまで進めています。馬体の成長は奥手で、まだまだ全体的に緩いところがありますが、柔らかくフワッとクッションの効いた乗り心地でバランスは良く、センスを感じます。少し他馬に遠慮してしまっている部分があるので、馬体の成長とともに自信を付けて行くことが今後の課題かと思います。現在の馬体重は461kgです。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 465kg
体高 156cm
胸囲 184cm
管囲 20.2cm

2023/10/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1500m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月はインドアでの騎乗運動を経て、9月中旬に外馬場デビューしました。現在は角馬場でウォーミングアップの後、ウッドチップコースで1500mのキャンターを乗るところまで進めています。外馬場デビュー当初は隙あらばウッドチップコース上で寝ようとする奇行を見せていましたが、今は超が付くほど乗りやすい優等生です。前輪駆動の走りになりがちな若駒ですが、本馬は後肢をしっかり踏み込んだ走りができていて、安定感でも秀でたものがありますね。現在の馬体重は461kgです。」

2023/9/06
調教メニュー
インドア騎乗運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行う流れで進めてきました。」

【個別近況】「8月下旬に再び育成部門に移動しています。7月中旬、歩様動画撮影のため育成部門に在厩していた時に、騎乗馴致をあらかた済ませていたので、現在はインドアでの騎乗運動を行っており、今週末か来週頭には外馬場での騎乗運動が開始できそうです。騎乗運動ではグラマラスな馬体を躍らせて、ゴムまりのような弾む歩様を見せています。今のところ手が掛かるところはなく、スムーズに馴致を進めることができています。現在の馬体重は452kgです。」

2023/8/16
◆測尺結果(計測日 2023年8月上旬)
体重 471kg
体高 156cm
胸囲 180.5cm
管囲 20.0cm


△ ページの先頭へ戻る