ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキキララの22年産 美浦・大竹正博(予定) 栗毛 2歳(2022.03.11) 2022年産1歳募集馬
2024年3月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:サンダースノー
■母:タイキキララ
■母の父:キングヘイロー
■募集総額(万円):3,000
■口数:400
■一口出資金(円):75,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):478
■募集状況:募集中
2024/4/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、4/3(水)にいつも通りBTC坂路で15-15ペースの登坂を消化し、4/6(土)にはBTCで新たなメニューをこなしました。ダートのトラックコースで軽めに1600mのキャンターを乗った後、ダートの直線コースで3F-45秒のキャンターを消化しています。どちらも本馬にとっては初めての道中、コースでしたが、落ち着いて自分の走りができていました。現在の馬体重は485kgです。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は調教内容に変わりなく、本場でもBTC坂路でも、淡々と日々の調教をこなしてきています。隊列の前後左右どこにいてもリズムを崩さず、坂路でのスピード調教でモロにキックバックを食らっても、気勢に陰りは見せません。とてもパフォーマンスが安定している馬ですね。現状、ゲートが少し苦手なところがありますが、反抗も可愛いものなので、すぐにこなせるようになりますよ。現在の馬体重は482kgです。」

2024/3/12
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は引き続き、休みなく日々の調教をこなしてきました。週1,2回の頻度で行ってきたBTC坂路コースでのスピード調教も、楽な手応えで消化できています。本場でも坂路コースでも、前列でも後列でも、周りの馬がバタついていても、自分の走りを崩さずに淡々とした走りを見せており、走りや見栄えはタイキバルドル、性格はタイキヴァンクールのような印象を受けています。14-14ペースの登坂後も、傷みなくコンディションは安定しており、心身両面でタフな馬だと思います。現在の馬体重は478kgです。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:160cm  胸囲:186cm  管囲:20.0cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『タイキインドラ/Taiki Indra』に決定しました。中間は寝違えによる右後肢の跛行から復帰して、休まずにしっかりと乗り込むことができています。また、BTC坂路コースでの調教も1月中旬に再開して以降継続してこなしており、先頭でも後方でも気にせず良い走りを見せています。ハロン15秒を切るペースの登坂でも馬体に傷みはなく、先日の寝違え以外でまだ身体的なことで困ったことがありません。効率が良く、ペースに合わせて最小限の動きで走るので、馬体の傷みが出にくいのかもしれません。一方、追い切りやレースレベルの走りになるまで、どんな馬か分からないタイプとも言えます。馬体重は471kgになりました。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は、12月下旬に馬房での寝違えで右後肢の跛行を発症して1週間ほど療養をしました。年始から屋内の騎乗運動で立ち上げて、現在は本場のウッドチップコースで3000mのキャンターを消化するところまで戻しています。療養中に整歯や装蹄、鍼治療など各所メンテナンスを受けたので、現在はとてもフレッシュな状態で元気いっぱいの走りを見せてくれています。とても代謝が良い馬で、よく汗をかいて毛ヅヤも特に整っていますよ。本場での調教において、息の乱れもなく体力面でのリカバリーも済んでいるので、近日中に再びBTC坂路コースでの調教を進めていく予定にしています。現在の馬体重は477kgです。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は適度に休息を挟みながら、前回同様に順調に調教強度を上げていくことができ、11月上旬にはBTC坂路コースでの調教を開始することができています。世代として初の坂路を先頭で引っ張ってくれて、それ以降も順調に登坂調教を重ね、12月頭の登坂調教では3F-52秒ペースをこなしており、バランスのいい走りを見せています。性格面は少し変化があり、乗っていれば真面目で気勢が良く、指示通り黙々と調教をこなしてくれて精神的に成熟した子に感じますが、降りると一気に幼児退行します。それだけ自分でオンオフができていて良いことではあるので、無理に矯正はせず、ある程度自由にさせて対処しています。現在の馬体重は486kgです。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は順調に調教強度を上げていくことができ、現在はウッドチップコースでキャンター1800mを乗るところまで進めています。やんちゃなところは相変わらずですが、それだけ今の調教量に対して余裕があるということでもありますし、悪いタイプのうるささではないので、微笑ましく見ています。これまでの母の産駒は安定して能力を示してくれていますが、本馬は同時期の兄たちより良いと思うので、このまま順調に成長していけばキララファミリーの出世頭になってくれそうです。現在の馬体重は496kgです。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 484kg
体高 157cm
胸囲 183cm
管囲 20.4cm

2023/10/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1500m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月はウッドチップコースでの軽めのキャンターからスタートして、現在は角馬場でウォーミングアップの後、ウッドチップコースで1500mのキャンターを乗るところまで進めています。スノーサミットの22年産と同じく、この世代の牡馬の中では一番早く外馬場での運動を開始しているので、やはり動きの面で力強さや安定感が目立ちます。兄タイキバルドルと同様に筋肉質なタイプで、周りがまだのっぺりとした幼駒体型なだけに自然と目を引かれますね。現在の馬体重は474kgです。」

2023/9/06
調教メニュー
ウッドチップコースでハッキング1200m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行う流れで進めてきました。」

【個別近況】「7月下旬に再び育成部門に移動し、昼夜放牧を行いながら基本的な馴致を進めてきました。8月上旬に騎乗へ向けた馴致を開始し、1週間程度でインドアでの騎乗運動をこなすところまで進めることができています。8月下旬には外馬場での騎乗運動へと移行し、現在はウッドチップコースをハッキングで1200mの運動をこなしています。見た目も性格も兄タイキバルドルによく似ており、子供っぽさを前面に押し出したヤンチャ坊主です。背中の具合も良く似ているので、兄と同じような舞台での活躍に期待しています。現在の馬体重は451kgです。」

2023/8/16
◆測尺結果(計測日 2023年8月上旬)
体重 476kg
体高 156cm
胸囲 182cm
管囲 20.0cm


△ ページの先頭へ戻る