ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
スモモチャンの22年産 栗東・牧浦充徳(予定) 栗毛 2歳(2022.02.13) 2022年産1歳追加募集馬
2024年1月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ノーブルミッション
■母:スモモチャン
■母の父:ハービンジャー
■募集総額(万円):800
■口数:400
■一口出資金(円):20,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
■現在の馬体重(Kg):432
■募集状況:募集中
2024/4/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は通常メニューを消化しながら、水曜と土曜に強めの登坂調教をこなしています。いずれも15-15ペースの登坂1本を、迫力のある動きで走破し、脚捌きがさらに力強くなりましたね。こちらに来ても変わらず目を引く動きができています。現在の馬体重は440kgで、もう少し余裕を作りたいので、引き続き様子を見ながら調整していきます。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「3/7(木)にこちらに到着し、翌週明けから軽めの運動を開始しました。移動後も元気いっぱいな様子で、翌週頭には軽めの運動から立ち上げて、月半ばには登坂調教を乗るところまで進めています。セリも経験していますので、環境の変化は特に気にならないようで、食欲もキープできていますね。日々の通常メニューの消化に加え、3月末には15-15ペースの登坂調教もこなし、順調に調整できています。現在の馬体重は440kgです。」

2024/3/12
★3/7(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は引き続き、休みなく日々の調教をこなしてきました。週1,2回の頻度で行ってきたBTC坂路コースでのスピード調教も、楽な手応えで消化できています。2月下旬の登坂調教では、先頭で引っ張ってハロン13秒台の時計をマークした走りがとても印象深かったですね。気迫あふれる走りに頼もしさを感じています。3月に入ってからは輸送に備えて本場で身体づくりを行い、3/5(火)にこちらを出発し、3/7(木)に名張分場へ到着しています。出発時の馬体重が444kg、到着時は420kgでした。輸送減りは牝馬にしては比較的少なく、到着後はウォーキングマシーンでの運動で調整して、現在は432kgまで回復しています。今週頭から騎乗運動を開始しています。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:157cm  胸囲:179cm  管囲:20.0cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『コモモチャン/Komomochan』に決定しました。中間は引き続き、休まずにしっかりと乗り込むことができています。BTC坂路コースでの調教も継続して消化できており、昨年末の初登坂から結構な本数を消化してきました。坂路動画でも画面越しに迫力が伝わるアグレッシブな走りで、意欲的で気勢あふれる様子が見て取れますが、見たまんまの評価で大丈夫だと思います。気が良く、パワフルな走りで、現状でもやればやっただけ動けると思いますが、あのペースで我慢できているところも、ただ暴走気味に走っているのとは違いますね。高いポテンシャルで早めからスタートできるかもしれませんが、本質は遅めの成長タイプだと見ています。馬体重は437kgになりました。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間はリフレッシュ期間からスタートし、12月上旬には立ち上げを開始しています。とてもフレッシュな状態で、本馬自身も調教に意欲的な姿勢を見せてくれて、すぐに通常メニューの消化まで戻すことができました。そのままBTC坂路コースでの馴致を終え、12月中旬の登坂調教では1本目から気勢溢れる走りで、2本目までの道中でかなり持て余している様子でしたので、行けるところまで付いていこうと次に向かったところ、15-15、3F-47秒台の時計で走り切り、基礎能力の高さを見せつけてくれました。年明けの登坂調教も楽々と3F-49秒の時計で消化し、傷みもなく食欲も旺盛でとても充実した様子です。我が強くお転婆なところはありますが、それも仕上がりの早さに繋がりそうなポジティブな気性ではあるので、身体の本格化を待たずしても競馬になりそうな印象を持っています。現在の馬体重は432kgです。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は、本場のウッドチップコースで1800mのキャンターを乗るところからスタートし、そのまま3000mまで徐々に距離を延ばして乗り込んできました。体力的にきつそうな様子はなかったですが、牧場が変わってから間を空けずに馴致を経て、ここまで詰めて乗り込んできたので、11月中旬からドカンとリフレッシュ期間を設けて休ませています。現在はサンシャインパドックへの放牧とウォーキングマシーンでの運動でゆっくりさせています。現在の馬体重は440kgで、リフレッシュに入る直前が420kg台に割り込んでいたので、順調に馬体を戻していますね。表情もだいぶ角が取れて柔和になっており、心身ともにリフレッシュできている様子です。今月中旬には再始動する予定にしています。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「8月末にこちらに到着し、9月中旬から騎乗に向けての馴致を開始しました。カッとなる気の強さはありますが、根っこは人懐こく愛嬌のある馬で、馴致に関しては思っていたほど手は掛かりませんでした。9/16(土)の展示会では慣れていないところを見せていましたが、現在はだいぶマイルドになっていますよ。途中で休息日を挟みながら順調に馴致は進み、現在は他募集馬に追い付いてウッドチップコースでのキャンター1800mの調教をこなしています。気勢の良さはイメージ通りで、1800mを終始良い手応えで走ることができています。乗り味は柔らかくも力強く良い感触ですね。外馬っぽいゆったりとした走りの懐の深さもあります。坂路を乗り出したらもう一つピリッとしてくるかもしれませんが、大きな動きをさせた時の走りは今から楽しみですね。現在の馬体重は少し減らして430kgです。乗り出したときが450kgくらいあったので、一回リフレッシュ期間を設ければ、一気に戻ってくると思います。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 432kg
体高 152cm
胸囲 177cm
管囲 19.8cm

大樹レーシングクラブ2022年産追加募集馬は、スモモチャンの22年産。栗毛にブロンドのたてがみ、四肢ハイソックス、太く大きな頭部白斑と、目立つ要素をこれでもかと詰まったスター候補生です。そのルックスだけでなく、血統・馬体良し、牝馬らしからぬ力強さも兼ね備えています。本馬とはサマーセール2023での出会いでしたが、血統でピックアップしていた中で、抜群にキレのある動きをしていたところに惹かれ、縁あって大樹ファミリーの一員に迎えることができました。兄ジャンバラヤ(父シルバーステート)はセリがあった週末にデビューして惜しい競馬で2着と、母の産駒が一定以上の能力を持っていることを証明してくれています。父ノーブルミッションは”史上最強”と称されたフランケルの全弟。自身もG1ウィナーであり、産駒にもその能力をしっかり伝えています。世界的な血統と、日本でしっかりと結果を出している母系で、派手なルックスとは裏腹に確かな下地を持った馬だと思っています。目指す舞台は芝中長距離。性格にもキレがあるので、少し縮まったとしてもマイル以上で戦うことになると見込んでいます。今のところ特に文句のつけようがないという評価に加え、高打率な私のチョイスである点も申し添えたいところです。


△ ページの先頭へ戻る