ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
エステーラブの16年産 美浦・萱野浩二(予定) 青鹿毛 2歳(2016.3.2) 2016年産2歳募集馬
2018年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:タイキシャトル
■母:エステーラブ
■母の父:マイネルラヴ
■募集総額(万円):1,600
■口数:400
■一口出資金(円):40,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):444
■募集状況:募集中
2018/4/23
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「トレセンへの初入厩がいよいよ具体化してきました。ゲート練習は前後閉扉の状態で駐立できるところまで進んでいます。体躯はすっかり大人びて、競走馬らしい身体つきになっています。2歳戦は短い距離のレースが多いので、本馬にとっては好条件でとても楽しみです。大した怪我や痛みもなく、順調に来れていますので、まずは無事に初入厩するまで、より一層しっかりと調教を進めていきます。」

2018/4/16
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現段階でトップクラスの仕上がり具合で、スピード面では世代随一の能力がありそうです。ゲート練習では、前後開扉状態での駐立に加えて、閉扉状態でのゲート入りも含め、より実践的な調教段階へ移行しています。走路での調教では前後左右、どこに馬がいても興奮することなく、ジッと我慢することができています。」

2018/4/09
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場ウッドチップコースとBTC坂路コースで乗り込みを続けています。月並みな例えですが、ロケットの様な爆発的な加速力を持っており、真っ直ぐ、ブレることなく走ることができています。18-17ペースでは収まりが付かない程のパワーも持ち合わせています。長い距離は合わなさそうですが、中短距離では夢を見ることができそうな雰囲気です。」

2018/4/02
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教を行っており、それに加え、ゲート練習も開始しました。乗り役の指示には従順で、寡黙に、真面目に調教に臨んでいます。BTC坂路での調教では、鋭敏で、キレのある反応を見せていますので、レース本番でも瞬発力のある脚を披露してくれると思います。まだ少し、大きくなりそうな余地を残してはいますが、おおよそ今くらいの体高で落ち着くのではないでしょうか。父タイキシャトル、母父マイネルラヴと、血統に相応しい快速馬っぷりを存分に見せてくれています。現在の馬体重は444kgです。」

2018/3/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20−18のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教で走る楽しさを教えています。本場での調教でも、BTCへの通い調教でも、とにかく柔らかくバネのある走りをしており、素軽く見ていて気持ちの良いキャンターで、小さな身体に秘められた、大きな爆発力を垣間見せています。それに加え、他馬と併せた時の負けん気の強さは特筆すべき点です。まだスピード型に能力が偏っていますが、これから春にかけて馬格が大きくなれば、パワーもついてきて、良い意味で乗り役を困らせるでしょう。期待出来る一頭だと思っています。現在の体重は443kgです。」

2018/2/15
エステーラブの16年産の競走馬名が決まりましたのでお知らせいたします。
想いがこめられた素敵な馬名をご応募いただき、誠にありがとうございました。
たくさんご応募いただいた中から、協議の結果、下記のとおり決定させていただきました。
デビューの日を心待ちにしていただくと共に、温かくお見守りいただければ幸いです。

【競走馬名】ラブインブルーム / Love in Bloom(英)
      咲き誇る愛

2018/2/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて22−22のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTCでの調教を開始する為に、昨年12月から、本場での調教後に馬運車にのる練習を根気よく進めてきたことで、問題なくBTCへの通い調教が始まりました。身体を使って大きく動く走行スタイルは、レースでの走りを既にイメージできる程に印象的です。後駆の筋肉が発達しているので、トモから繰り出す力強さは迫力があり、肢の運びも軽いですから、馬は、現在の調教では物足りなく感じているかもしれません。成長期の牝馬の冬の調教は、やり過ぎないことが基本ですので、身体の成長を促しながら、ゆったり調教を進めています。現在の体重は440kgです」

2018/1/08
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「昨年10月に始めた馴致を順調に終え、11月からはビクトリーホースランチ浦河本場にて1日2400m〜3000mの距離を乗り込みながら今後のBTCへの通い調教に向けての基礎体力を養っています。調教を始めてすぐは、牝馬らしく気難しい一面を見せていましたが、コンスタントに乗り込んでいることで徐々に落ち着き、身体を大きく使って走ることが出来るようになりました。また、身体の軸がしっかりとしていることで、距離を乗り込んでいても左右にブレることなく真っ直ぐ走ることが出来ていますので、今後のBTCへの通い調教ではトモの踏み込みをしっかりと推進力に変えることが出来るでしょう。現在の馬体重は442sです」


△ ページの先頭へ戻る