ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
マロノヴィーナスの21年産 栗東・西園翔太(予定) 鹿毛 2歳(2021.03.22) 2021年産1歳募集馬
2022年6月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:デクラレーションオブウォー
■母:マロノヴィーナス
■母の父:タニノギムレット
■募集総額(万円):2,500
■口数:400
■一口出資金(円):62,500
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):−
■募集状況:募集中
2023/1/10
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、1~2週に1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行っています。7月下旬から8月上旬にかけて、順次育成部門へ再移動し、以降は騎乗へ向けた馴致を進めてきました。9月上旬には各馬ロンギ場内での騎乗馴致を終えて、外馬場(ウッドチップコース)での運動へと移行しています。成長や体調に合わせて徐々に調教強度を上げていき、11月上旬には3000mのキャンターまで運動量を引き上げています。同時期にはBTC坂路コースでの調教も開始し、現在は概ね週1回15-15ペースの登坂調教を課すところまで進めています。このあとしばらくは15-15ペースの登坂を上限に、馬体コンディションを見ながらリフレッシュ期間を設けたり、調教強度を落としたり、成長に合わせて乗り込んでいきます。」

【個別近況】「現在、本場では3000mのキャンター、BTC坂路では15-15ペースのキャンターを乗り込んでいます。調教開始当初は気勢が少し控えめかなと思っていましたが、調教が進むにつれて改善されてきて、心身両面で充実している様子です。今のところ注文を付けるところはありません。性格は純真でひねくれたところがなく、真面目に調教に取り組む姿を見せてくれています。今のところ性格的なマイナス面の片鱗すらも見せていないので、心配は要らないのではないかと思います。本馬を管理予定の西園翔太調教師は、降雪で路面状況が悪くなるまでは、ほぼ毎月見に来てくれていました。『良い馬ですよねぇ。牝馬なのに馬格もあって、一歩一歩を踏み締めるような力強い歩様や表情からも“強い意志”が感じられます。調教も真面目に走っていますし、馬格を活かした伸びのある走りができているので、本当に楽しみにしています。』と話してくれています。来場時に代表がいなくても『いや、ほんとに良い馬ですよねぇ。』とつぶやくように繰り返してくれているので、現時点の調教師評の信頼度はかなり高いのではないでしょうか。頓挫らしい頓挫はなく、ここまで一切休まずに乗り込んできたので、ここらで少しの間リフレッシュ期間を設ける予定にしています。リフレッシュ明けの成長がとても楽しみです。現在の馬体重は465kgです。」

2022/12/06
◆馬体重(計測日 2022年9月16日 ⇒ 12月06日)
462kg ⇒ 467kg(+5)

◆測尺(計測日 2022年9月16日 ⇒ 11月15日)
体高 157cm ⇒ 159(+2)
胸囲 178cm ⇒ 180(+2)
管囲 20.2cm ⇒ 20.2

2022/9/16
◆馬体重(計測日 2022年7月20日 ⇒ 9月16日)
467kg ⇒ 462kg(-5)

◆測尺(計測日 2022年7月20日 ⇒ 9月16日)
体高 157cm ⇒ 157
胸囲 179cm ⇒ 178(-1)
管囲 20.0cm ⇒ 20.2(+0.2)

次回の測尺は11月下旬を予定しています。

2022/8/26
◆馬体重(計測日 2022年7月20日 ⇒ 8月19日)
467kg ⇒ 468kg(+1)

◆測尺(計測日 2022年7月20日)
体高 157cm
胸囲 179cm
管囲 20.0cm

次回の測尺は9月下旬を予定しています。


△ ページの先頭へ戻る