ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
マロノヴィーナスの16年産 美浦・大竹正博(予定) 芦毛 2歳(2016.3.12) 2016年産2歳募集馬
2018年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ダンカーク
■母:マロノヴィーナス
■母の父:タニノギムレット
■募集総額(万円):1,800
■口数:400
■一口出資金(円):45,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):460
■募集状況:募集中
2018/4/16
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路コースでのペースの早い調教で、他馬が仕上がっていく中、本馬は良い意味で緩さを残していて、余裕綽々と言わんばかりに、飄々とした雰囲気で調教をこなしています。調教が終わって、他馬が鼻を大きく膨らませて息を整えている中、ちょっかいを出しにいくなど、元気いっぱいです。これを大物感と言うのではないでしょうか。」

2018/4/09
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場ウッドチップコースとBTC坂路コースで乗り込みを続けています。少し線が細い感じがありましたが、最近は父ダンカークに似たムチっとしたグラマラスな馬体になってきました。それに伴って、もともとの柔らかなキャンターに迫力が付いてきました。毎日の調教が確実に身になっているようで、今後の成長に大きな余白を感じます。」

2018/4/02
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教を行っており、それに加え、ゲート練習も開始しました。この時期の2歳馬達は、暖かくなるにつれてどんどん良くなっていきますが、本馬も漏れなく良化しており、馬体がふっくらと毛ヅヤも更に良くなって来ています。要所要所は大人びてきましたが、全体のバランスとしては、まだまだ幼い部分を残しており、これが本格化すると大きく化けるだろうな、という印象です。幼さが残る現時点でも、柔らかく、ゆったりとした上質なキャンターを見せてくれているので、これから数か月での本格化がとても楽しみな一頭です。現在の馬体重は460sです。」

2018/3/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20−18のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教で走る楽しさを教えています。先月のコメントで“のんびり屋な本馬が目覚めるのが楽しみだ”と言っていましたが、思っていたより早くその時は訪れました。先頭で坂路を上がってくる分には、乗り役に従順な賢い馬、という印象でしたが、前に馬を置いて後列でスタートをすると、別馬のような気合乗りを見せます。前の馬を追い掛け、抜かすまでは止まらない。そんな鬼気迫る走りです。ここをコントロールし、乗り役の指示で爆発させることができれば、と本馬の今後の調教の方針を考えています。現在の馬体重は460sです。」

2018/2/15
マロノヴィーナスの16年産の競走馬名が決まりましたのでお知らせいたします。
想いがこめられた素敵な馬名をご応募いただき、誠にありがとうございました。
たくさんご応募いただいた中から、協議の結果、下記のとおり決定させていただきました。
デビューの日を心待ちにしていただくと共に、温かくお見守りいただければ幸いです。

【競走馬名】タイキウォレス / Taiki Wallace(英)
      冠名+人名 スコットランドの英雄「ウィリアム・ウォレス」から

2018/2/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて22−22のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTCでの調教を開始する為に、昨年12月から、本場での調教後に馬運車にのる練習を根気よく進めてきたことで、問題なくBTCへの通い調教が始まりました。新しい場所でも特に周りを気にすることなく、乗り手の指示に従ってキッチリと調教をこなすことができています。骨が太く丈夫ですので、心配な面が見当たらず、春になって調教をどんどん進めていけるのではないでしょうか。気性が前向きな姉や兄とは違って、どちらかというと本馬はのんびり屋さんに感じますが、血は受け継がれるものだとすれば、どこで目覚めるのかが楽しみであります。現在の馬体重は460sです」

2018/1/08
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「昨年9月に始めた馴致を順調に終え、10月からはビクトリーホースランチ浦河本場にて1日2400m〜3000mの距離を乗り込みながら今後のBTCへの通い調教に向けての基礎体力を養っています。長めの距離を乗り込んでいますが、それを苦にすることはありませんし、上がりの息遣いにも余裕が見られるなど、この時期でこれだけ走れれば上々です。気性面では、どちらかというと気合をあまり表に出さず、色々な物事にも動じずのんびりとしたタイプですが、成長とともに活気が出てくるのは間違いないでしょう。これからも成長を促しつつ、しっかりと進めていきます。現在の馬体重は454sです」


△ ページの先頭へ戻る