ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキフェアレディの16年産 美浦・伊藤圭三(予定) 鹿毛 2歳(2016.4.27) 2016年産2歳募集馬
2018年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:キンシャサノキセキ
■母:タイキフェアレディ
■母の父:タイキシャトル
■募集総額(万円):1,600
■口数:400
■一口出資金(円):40,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):478
■募集状況:募集中
2018/4/23
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から一気に気温が上がったことで、冬毛が抜け切り、毛ヅヤがガラリと良くなりました。より一層輪郭がはっきりとしたので、胸前や後肢の筋肉は彫刻像の様に隆々としているのが、一目で分かります。比較的長めの胴と、全身を使ったスケールの大きい、ゆったりとしたキャンターで、距離の融通が効く様子が伺えます。」

2018/4/16
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週に引き続き、ゆったりと、伸びやかなキャンターで調教をこなしています。普段はおおらかで、はんなりとした性格が、そのままキャンターに出ているように感じます。まだまだ性格も表情も幼さを残していますが、体躯の方は日に日に大人びてきていますし、キャンターの力強さや、調教後の息の入りもはっきりとした成長が見えます。」

2018/4/09
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本


ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場ウッドチップコースとBTC坂路コースで乗り込みを続けています。愛らしい姿の本馬ですが、負けん気の強さは世代随一のものを持っています。大きなストライドで優雅なキャンターで、併せた馬に喰らい付いて行く程の余裕を見せています。最後の直線で馬込みをこじ開けて抜けて来る姿が想像できますね。」

2018/4/02
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本


ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教を行っており、それに加え、ゲート練習も開始しました。BTCへの通い調教が、他馬に少し遅れての開始となりましたが、現在では3ハロン53〜52秒での調教メニューに追い付いています。顔は母タイキフェアレディに似ていますが、立ち姿は父のキンシャサノキセキにそっくりです。キャンターの質も父に似て、パワー溢れるタイプの様に感じます。要所に筋肉がついてきて、比較的馬格にも恵まれていますが、まだまだ幼さの残る身体つきで、奥手な部分がありますので、焦らず、じっくりと調教を進めていきます。現在の馬体重は478kgです。」

2018/3/05
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて22−20のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月よりBTCでの通い調教をスタートしています。馬運車に乗る練習をしっかり積んでいましたので、スムーズにBTCでの調教を開始できました。初めてのBTC坂路でも、物怖じすることなく、力強いキャンターで駆け上がることができており、じっくりと調教を進めてきた甲斐もあり、少し緩かった後肢の運びも改善されつつあります。往々にして、大成した競走馬のエピソードには、幼少期のトモの緩さにまつわる話が出てきます。それが克服されたときの大きな変わり身に期待しながら、ゆったり、じっくりと、本馬の成長スピードに合わせた調教を進めていきます。現在の馬体重は480kgです。」

2018/2/15
タイキフェアレディの16年産の競走馬名が決まりましたのでお知らせいたします。
想いがこめられた素敵な馬名をご応募いただき、誠にありがとうございました。
たくさんご応募いただいた中から、協議の結果、下記のとおり決定させていただきました。
デビューの日を心待ちにしていただくと共に、温かくお見守りいただければ幸いです。

【競走馬名】イライザ / Eliza(英)
      母名から連想。ミュージカルの登場人物名より

2018/2/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTCでの調教を開始する為に、昨年12月から、本場での調教後に馬運車にのる練習を根気よく進めています。本馬は間もなくBTCへの通い調教を開始する予定にしておりますが、これまでゆったり調教を進めてきたことで、身体のバランスが上手にとれてきました。母の産駒の中では、本馬が一番馬格に恵まれており、やっと配合がうまく作用してくれたのではないかと思っています。大型な本馬ではありますが、父と母の活躍成績からすれば、短い距離が得意になりそうですし、気性も前向きになるのは必然ではないかと考えています。おっとりしている育成期に、経験を積んで大変身を遂げてもらいたいです。現在の馬体重は480kgです」


2018/1/08
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「昨年10月に始めた馴致を順調に終え、11月からはビクトリーホースランチ浦河本場にて1日2400m〜3000mの距離を乗り込みながら今後のBTCへの通い調教に向けての基礎体力を養っています。バランスの良い走りから繰り出される素軽い脚捌きを見ていると、やや奥手な血統でありながら、この時期としてはフットワークにまとまりがあり、良い雰囲気で調教を進めることが出来ています。見た目にも、乗り込む毎に馬体に身が入って来ている印象ですが、この後も焦らずじっくりと乗り込み、成長を促していきます。現在の馬体重は494sです」


△ ページの先頭へ戻る