ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
アヴァンセヴェリテの22年産 美浦・伊藤大士(予定) 鹿毛 2歳(2022.02.26) 2022年産1歳募集馬
2024年3月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:アメリカンペイトリオット
■母:アヴァンセヴェリテ
■母の父:オルフェーヴル
■募集総額(万円):1,500
■口数:400
■一口出資金(円):37,500
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):530
■募集状況:募集中
2024/4/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/10(水)にBTCで強めの調教を行いました。1600mのダートコースを普通キャンターで流して準備運動した後、屋内直線コースで15-14-14の3F-44秒で動かしています。どんどんと内容が良くなっており、今まさに成長を目の当たりにしているように感じます。強めの調教後も馬体に傷みなく、コンディションも良好な状態を保っています。」

2024/4/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、本場での基本メニューをこなしながら、4/3(水)にBTC坂路コースで15-15ペースの登坂調教を乗っています。ここ最近で着々と力をつけてきていて、大きな馬体ですが重苦しい感じはなく、多頭数で乗っていてもかなり目を引くようになってきました。担当装蹄師も歩様がしっかりしてきたと、変化を感じているようです。週後半は、後肢に傷みが出て久々に鍼灸医師のお世話になりましたが、週明けからの動きは問題なさそうです。現在の馬体重は522kgです。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間も調教内容に変わりなく乗り込んできました。本場での調教もしっかりこなしながら、週1回程の頻度でBTC坂路コースでの強め調教を乗っています。乗り込んで筋力が付いてきており、大雑把な走りだったところが徐々に洗練されてきて、バランスの良い走りを見せるようになってきています。ゲート練習の方も順調で、後扉を閉めて、前扉が動くのを見せるところまで進んでいます。現在の馬体重は526kgです。」

2024/3/12
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込むことができています。BTC坂路コースでの調教も慣れたもので、14-14ペースの登坂も、大きな走りで最後まで余力を残して登坂できています。坂路コースの構造上、計測開始直前までカーブがあるので、安全面を考慮すると1ハロン目のタイムは遅くなってしまいますが、真っ直ぐなコースであれば3ハロンとも14秒台のラップを刻めるだけの走力は付いてきていると思います。こちらもだいぶ暖かくなってきたこともあり、このひと月でグンと肉付きが良くなって、走りに迫力が出てきましたね。現在の馬体重は530kgです。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:163cm  胸囲:190cm  管囲:21.0cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『タイキアベンチュラ/Taiki Aventura』に決定しました。中間は引き続き、休まずにしっかりと乗り込むことができています。BTC坂路コースでの調教も継続して行っており、1月末にはハロン14秒台、3F-45秒を切るペースの登坂も消化しています。後肢はまだバラっとしてまとまりに欠けるところがありますが、前肢の捌きは通い始めのころと比較するとかなり力強くなっていますね。後ろの成長待ちな点から、完全に楽に走らせると前のめりな走りになるので、そこだけは注意が必要ですが、その他は気になるところはなく、日々の調教も真面目に頑張ってくれています。馬体重は508kgになりました。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込んできました。坂路調教も定期的にこなし、だいぶ体力も強化されてきています。調教が進むにつれ、乗り始めに駄々をこねたり寝転んだりしようとする仕草が見られましたが、騎乗前に腹帯を締めるのが気になるようで、騎乗後しばらくしてから締めるようにすると改善されました。そのルーティンを採用してからは調教に対しての集中力も高く、体力がついてきたこともあって、動きの大きい走りのベクトルがまとまって、シャープさが出てきました。強めの調教を消化しながらも馬体を充実させており、心身共に大きな成長を見せてくれています。現在の馬体重は502kgです。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は適度に休息を挟みながら、前回同様に順調に調教強度を上げていくことができ、11月下旬にはBTC坂路コースでの調教を開始することができています。坂路では概ね良く動けており、初坂路の2本目には先頭で走ることができるほどに集中力高く臨むことができています。全体的にまだ緩い感触はあり、登坂中もフワッと上に抜けるような走りになっていますが、確かなパワーはあるので、今後の成長に期待しています。BTCでの坂路までの往来や日々の調教の中で、所々小さな反抗を見せるので、力をつけてきたらうるさくなりそうな予感がしています。現在の馬体重は497kgです。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は順調に調教強度を上げていくことができ、現在はウッドチップコースでキャンター1800mを乗るところまで進めています。抜歯の効果もあって口向きは大きく改善し、集中して調教に臨むことができています。また、一時、繋皸(繋ぎ裏の肌荒れのようなもの)が慢性化してきたので、治療とリフレッシュを兼ねて1週間ほど休みを入れています。一度リフレッシュ期間を挟んだことで、馬体はさらに成長を見せ、現在は512kgになりました。幅が出て力強い脚捌きを見せてくれています。一方、トモはまだ甘いところがあるので、全体的な成長曲線としてはやや奥手な部分がありそうです。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 504kg
体高 161cm
胸囲 185cm
管囲 21.5cm

2023/10/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1500m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月はインドアでの騎乗運動を経て、9月下旬に外馬場デビューしています。初めての環境でも動じずにグングン前へ進んでいく勇気と好奇心のある馬ですね。ただ、ヤセ歯(狼歯)がハミ受けに悪く作用していることが分かったので、抜歯が終わるまでは屋内での騎乗運動に一旦戻しており、10/9(月)からウッドチップコースでのキャンターを再開しています。今のところ、サイズから受ける印象そのまま、パワータイプというイメージです。現在の馬体重は498kgです。」

2023/9/06
調教メニュー
インドア馴致

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行う流れで進めてきました。」

【個別近況】「8月中旬に再び育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基本的な馴致を進めてきました。9月頭から騎乗へ向けたインドア馴致を開始し、現在は腹帯を締めるところまで進めています。今週末か来週頭にはインドアでの騎乗運動が開始できそうです。フカフカでとても力が必要な馬場を、大きな動きで力強く運動できています。今のところ癖なく順調に馴致を消化できています。現在の馬体重は500kgです。」
 

2023/8/16
◆測尺結果(計測日 2023年8月上旬)
体重 506kg
体高 161cm
胸囲 180cm
管囲 22.0cm


△ ページの先頭へ戻る