ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
クラウンアゲンの22年産 美浦・萱野浩二(予定) 鹿毛 2歳(2022.04.10) 2022年産1歳募集馬
2024年3月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:タワーオブロンドン
■母:クラウンアゲン
■母の父:マンハッタンカフェ
■募集総額(万円):3,000
■口数:400
■一口出資金(円):75,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):463
■募集状況:募集中
2024/4/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/9(火)にBTC坂路コースで15-15ペースのキャンターを乗っています。楽々と登坂をこなし、調教後の帰り道でも元気を余している様子からも、相当な余裕があるように感じています。馬っ気は相変わらずですが、健康面も良好で、心身ともに良い状態をキープできています。できれば5月中くらいを目処に早めに送り込みたいところですが、未勝利戦がひと段落付いた頃になると思います。」

2024/4/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、4/3(水)にBTC坂路コースで15-15ペースの登坂を消化し、週末にはBTCのダートコースで1600mのキャンターを乗った後、直線コースで3F-45秒のキャンターを消化しています。どちらも気勢良く突っ込んでいくような雰囲気でしたが、最後まで手ごたえ十分で余力がありました。現在の馬体重は460kgです。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は、引き続き調教内容に変わりなく、本場のウッドチップコースでのキャンター3000mとBTC坂路コース2本の強め調教の2軸で乗り込みを進めてきました。ビタッと併せるとかなり燃えるようで、良いファイトを持っていますね。ゲート練習は正規幅を通過するところまでできています。前後の扉の開閉については徐々に馴らしていきます。現在の馬体重は454kgです。」

2024/3/12
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込んできました。BTC坂路コースでのスピード調教も週1,2回の頻度でこなしており、14-14ペースでの登坂も板についてきました。育成当初は大人しい仔でしたが、今では牡馬らしいエネルギッシュな馬になって、競走馬っぽさが出てきましたね。牝馬が近くにいるとバルンバルン鼻を鳴らして釘付けになっているので、BTCでもそうですが、トレセンに入ってからも少し調教には気を遣うかもしれません。動きの面では至極順当に成長してくれており、体力も付いてきてどんどん動きが良くなっています。みなぎる活力もありますし、今後の成長を楽しみにしています。現在の馬体重は463kgです。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:159cm  胸囲:181cm  管囲:20.0cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『タイキブライトン/Taiki Brighton』に決定しました。中間は引き続き、休まずにしっかりと乗り込むことができています。2月初旬のBTC坂路コースでの調教では、15-15を軽く切るペースでの登坂を見せています。このペースでも特に促す必要なく、自らペースを上げていけているので、現状でもまだまだ余裕がありそうですね。世代の中では大人しい方でしたが、最近馬っ気が出てきてうるさくなってきています。春を迎えるころにはエネルギッシュな馬になっていそうですね。現段階では、レースではマイル以上の距離がある方が良さが出そうな印象です。また、馬体の成長のバランスも良く、早めから活躍できそうなイメージを持っています。馬体重は464kgになりました。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込んできました。年明けには3F-45秒の坂路調教もこなし、順調な成長を見せています。惰性でなくしっかり身体を動かしている証左でもありますが、少し傷み易いところがあり、途中右後肢の傷みで走りのバランスが崩れる期間もありましたが、鍼治療ですぐに改善し、素軽い動きができています。雪が積もった馬場ではしゃぐような子供らしいところも見せていますが、基本的には大人しく扱いやすい性格で、気勢の良さも持ち合わせているので、トモがしっかりしてくれば早くから活躍できそうです。短距離で活躍したタワーオブロンドン産駒ですが、適性距離は長そうな印象を持っています。現在の馬体重は456kgです。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は適度に休息を挟みながら、前回同様に順調に調教強度を上げていくことができ、11月上旬にはBTC坂路コースでの調教を開始することができています。その後も傷みが出ることなく月2,3回のペースで登坂調教をこなしてきて、現在は3F-54秒ペースで登坂するところまで進めています。初回こそ少し緊張した様子でしたが、すぐに落ち着いて集中力高く臨むことができていましたし、本場での3000mのキャンターを含めて、波がなく安定したパフォーマンスを見せてくれています。黙々とこなしているので、その分目立ちませんが、動きの面でも四肢のバランス良く優秀ですよ。現在の馬体重は452kgです。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は、リフレッシュ休息を兼ねた繋皸の治療から始まりましたが、調教に復帰後は順調に調教強度を上げていくことができ、現在はウッドチップコースでキャンター1800mを乗るところまで進めています。飲み込みの早い馬で、前回は子供らしさ全開という印象で報告をしていましたが、この1か月で他馬をリードしてくれるような優等生に成長しています。推進に伸びのある走りを隊列のどこにいても維持することができています。やや右トモに疲れが溜まりやすいようなので、マッサージや鍼灸医師による治療、適当な休息日を挟んでケアしていきます。現在の馬体重は463kgです。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 456kg
体高 156cm
胸囲 180cm
管囲 20.5cm

2023/10/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1500m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月はインドアでの騎乗運動を経て、9月中旬に外馬場デビューしています。屋内での馴致の時の印象と変わらず、キビキビとした動きで、良いバネを感じさせる歩様ですね。まだ子供らしいところが多く残っていて、他馬の物見などに反応して立ち上がったり跳ねたりしています。月末辺りから繋皸(繋ぎ裏の肌荒れのようなもの)が慢性化してきたので、一旦調教を休んで、治療しながら放牧に出しています。現在の馬体重は437kgです。」

2023/9/06
調教メニュー
騎乗馴致

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行う流れで進めてきました。」

【個別近況】「9月頭に再び育成部門に移動しています。7月中旬、歩様動画撮影のため育成部門に在厩していた時に、騎乗馴致をあらかた済ませていたので、現在はインドアでの騎乗運動を行っており、今週末か来週頭には外馬場での騎乗運動が開始できそうです。キビキビと俊敏性に富んだ動きで、物見をした時などは目の前から馬が消えるような素早い動きを見せています。兄タイキトレコローネ同様にバネがあるタイプだと見ています。現在の馬体重は430kgです。」

2023/8/16
◆測尺結果(計測日 2023年8月上旬)
体重 437kg
体高 155cm
胸囲 176cm
管囲 21.0cm


△ ページの先頭へ戻る