ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキキララの20年産 栗東・大久保龍志(予定) 栗毛 2歳(2020.03.06) 2020年産1歳募集馬
2022年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ダイワメジャー
■母:タイキキララ
■母の父:キングヘイロー
■募集総額(万円):3,000
■口数:400
■一口出資金(円):75,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):471
■募集状況:募集中
2022/5/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/11(水)にBTC坂路コースでキャンター2本を乗っています。1本目15-15、2本目14-14ペースの登坂です。2本目はスノーサミットの20年産と、互いに意識し合って鐙が当たるほどの併せ馬を見せました。かなり気合いが入った走りで、脚捌きも力強く、良い面を見せてくれました。週後半にもう1回坂路調教を行う予定でしたが、鍼灸医師による馬体チェックの結果、左股関節の治療を行ったため、週末は本場で軽めのキャンターで調整しています。現在の馬体重は486kgです。」

2022/5/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/6(金)にBTC坂路コースでキャンター2本を乗っています。1本目を16-16、2本目は14-14ペースで登坂し、2本とも楽な手応えでこなしています。前回は自分のペースを守って登坂したため、掛かり気味の2頭を前に見る形になりましたが、今回はしっかり併せて上がってきました。走りに直進性が出て、首の使い方がとても良くなってきています。母の産駒の傾向的に、成長が早い方ではないと思いますので、今はじっくりと乗り込んで鍛えていきます。」

2022/5/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/28(木)にBTC坂路コースでキャンター2本を乗っています。1本目を17-16ペース、2本目は15-14-14の3F-44.2で登坂しています。併せた2頭がかなり息巻いて走っていましたので、ついていくことはしませんでしたが、最後まで余裕たっぷりの走りを見せています。うるさいところが出てきていますが、牡馬なので大人しいよりは元気がある方が安心できますね。調教後の傷みはなく、鍼灸医師による馬体チェックはパスしています。馬体重は497kgです。」

2022/4/25
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「ここ数週間の急激な良化は、しっかり身について上で一旦落ち着いてきています。代わりに馬っ気など、春先の牡馬らしいうるささを見せ始め、少し力んで走るようになってきているので、動きに硬さが出てきましたね。馬体の傷みはないので、調教は今の強度で継続していきます。馬体重は500kgになって、かなり馬体に幅が出てきましたね。父の産駒は早熟傾向ですが、本馬はゆっくりとしたタイプだと思いますので、焦らずに進めていきます。」

2022/4/18
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「今月に入ってからグングンと成長を見せており、身体の使い方が上手になって走りに伸びが出てきました。週後半からは少し右後肢の動きに硬さが出てきたため、周回数を落として鍼灸医師によるグルコサミン投与の治療を受けています。今朝の動きでは後肢の硬さも気にならなくなり、再び調教量を戻しています。乗り込みながらも馬体はさらにボリュームが出てきています。」

2022/4/11
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/6(水)に、BTC坂路での調教を行っています。調教強度を上げるために、登坂前に屋内600mのトラック3周のキャンターもこなしています。坂路では、1本目は18-17-17、2本目を16-14-14のペースでかなり手応えよく、ここ最近で大幅に良化しています。4/11(月)に大久保龍志調教師が来場し『とても良くなりました。特に上半身の筋肉のボリュームは優秀ですね。ぼちぼち名張への移動も視野に入れておいてください。』と話していました。馬体重は変わらず480kgです。」

2022/4/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】
「3月に入って雪が降ったり気温が下がったりと天候不順が続き、全体的にコンディションが落ち気味だったため、3月中旬から後半にかけて登坂調教を控えて、一時的に調教量を落として調整してきました。今月からはBTCでの調教を再開し、乗り込みを進めていきます。」

【個別近況】
「一時的にコンディションが落ち、そのタイミングで両股関節の傷みも出ましたが、調教量を落としたことでV字回復を見せています。馬体重は480kgまで増え、胸前とトモの筋肉はかなりボリュームアップに成功しています。募集開始時はコロンとした印象でしたが、胴が伸びスッキリとしたため、かなり伸びのある馬体に成長しました。走りの面では課題らしい課題は解消し、あとはもっと気持ちの入った走りを見せてくれるようになると尚良しです。」

2022/3/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、降雪の影響で2/21(月)〜2/25(金)の5日間、ロンギ場と内馬場での運動となりましたが、その日以外は順調に調教を重ねています。BTC坂路コースでは3回調教を行っており、計6本の登坂調教を消化しています。身体を持て余してバタついていた走りはすっかりと改善され、併せると気合いを前面に押し出すようになってきました。坂路コースの最後まで気を抜かない走りで、息使いにも余裕があり、この1か月でかなり良くなりましたね。以前はすぐに甘えて幼いところがありましたが、精神的にも少し大人びてきたようです。馬体重は466kgです。」

2022/2/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は本場の走路にウッドチップを追加し、さらに負荷がかかる馬場で乗り込みを進めてきました。2月に入って日が伸び、厳冬期も終わりに近づいてきたので、今週からBTC坂路コースでの調教を再開する予定にしています。日によって多少の波がありますが、キャンターのストライドがだいぶ伸びてきて、伸びのある走りを見せるようになってきました。身体の使い方が上手くなってきた証拠ですね。深くなった馬場に最初は苦戦していましたが2,3日で克服し、今では後肢を引き付けた走りができています。徐々にピリッとしてきたところはありますが、まだ気持ちの殻が破れていないようなので、ここから春にかけてうるさいくらいの元気が出てきてくれるとより良いですね。現在の馬体重は469kgです。」

2022/1/10
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、1~2週に1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「この世代も昨年に引き続き、募集開始に合わせて育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら馴致を進めていく方法で調教を進めてきました。放牧後のノンストレスな状態で馴致を行いますので、人馬共に事故のリスクが低く、かつ馴致期間中に落ちる運動量を昼夜放牧で補うことで、騎乗運動開始時の基礎体力が大幅に引き上げられています。また、例年であれば12月末~翌年1月下旬辺りに開始していたBTC坂路コースですが、各馬順調な成長を見せているため、本世代は11月上旬からスタートしています。既に1ハロン15秒を切るペースで走ることは容易な体力を有しておりますが、現在はそれを上限にじっくり乗り込んで体力をつくっている段階です。」

【個別近況】「本馬は8月の上旬から初期馴致を開始し、8月中旬には外馬場での騎乗運動まで進めることができています。上背はありませんが、ボリューム感の素晴らしい好馬体に成長しました。毛色や顔立ちからもダイワメジャー産駒らしさが出ていますが、脚長でゆったりとしたキャンターをすることから、短距離一辺倒といった感じではなさそうです。BTC坂路コースでは安定感のある走りを見せており、周りに合わせてアクセルの加減ができる精神面の余裕もあります。坂路調教を開始した当初は、少し疲れた様子を見せるのでまだまだ体力の強化が必要だと感じましたが、ここ最近は余裕も出てきてしっかり消化できています。トモがしっかりして楽に走れるようになってきたことも、近頃の充実ぶりの助けとなっています。今後の課題としては、心肺の強化と、脚長なので仕方ない部分はありますが、もう少し身体を上手く使ってスピード感のある走りに変わってくるとより良いですね。現在の馬体重は465kgです。」

2021/10/04
2021年9月30日計測の馬体重をお知らせします。

462kg(+22)

馴致を終えて8月下旬より騎乗調教を開始しています。1週間ほど騎乗調教をしたのち、9月下旬までリフレッシュ期間として、再び放牧を行いました。現在はウッドチップコースでキャンター2000mまで進めており、BTC坂路コースでの調教開始へ向けて乗り込んでいます。

2021/8/16
芝に映える栗毛の馬体は、タイキキララの20年産。

姉フェリーチェ(父モンテロッソ)、兄タイキルークス(父グランプリボス)と、マイナー種牡馬で2つずつ勝ち星を挙げている母タイキキララに、産駒の仕上がりが早く、マイル近辺で無類の強さを誇るダイワメジャーを配した本馬は、父によく似た派手な馬体の元気なオトコの仔に成長しました。
立ち姿を見れば、まず目に飛び込んでくるのが、屈強な上半身。
肩周りの容量は破格のボリュームで、相当なエンジンを積んでいることは容易に想像がつきますね。
後ろに目を移しても、はち切れんばかりに丸みを帯びた大きなトモが主張しており、父から譲り受けたスピードを体現しているようです。
昨年度のキズナ産駒タイキバンディエラに引き続き、本馬に掛かる期待は大きく、この世代を引っ張って行ってくれる存在となってくれることでしょう。
性格は父の産駒らしく、やんちゃな面がありますが、とても人懐こくて聞き分けが良く、曳き手の指示には従順なところを見せています。
放牧地では、その隆々とした馬体をしなやかに躍らせ、毛色も相まってひと際目を引く存在です。

数々のG1ウィナーを輩出しているHaloの3×4という血統的な魅力も持つ本馬。
昨年に引き続き、アベレージヒッターの母にまたしても特大ホームランを放つ機会が巡ってきました。

2021/8/12
馬体重・体高・胸囲・管囲の測尺結果は以下の通りとなっております。
(2021年7月30日計測)

馬体重 430kg 体高 153cm 胸囲 172cm 管囲 20.0cm


△ ページの先頭へ戻る