ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
フロレンティナの20年産 栗東・高野友和(予定) 鹿毛 2歳(2020.03.11) 2020年産1歳募集馬
2022年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ファインニードル
■母:フロレンティナ
■母の父:クロフネ
■募集総額(万円):800
■口数:400
■一口出資金(円):20,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):392
■募集状況:募集中
2022/5/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場のウッドチップコースでのキャンターを乗り込んできました。先週は調教日6日間のうち、終始バタバタとしてどうにもならなかった日が1日だけありましたが、他の日はとても順調に調整できています。馬体の方もボリュームが出てきており、馬体重はついに420kgの大台に乗りました。今週は久しぶりにBTC坂路での調教を予定しています。楽しみ半分怖さ半分ですが、良い動きを見せてくれるでしょう。」

2022/5/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場のウッドチップコースでのキャンターを乗り込んでいます。ここ1か月近く、乗り役に集中させることに注力して乗り込んできて、ようやくその効果が目に見える形で出てきました。今はほとんど乗り役を選ばなくなってきており、調教中にコントロールできないほど掛かったりすることは無くなっています。まだ、風が強い日や、国道の車の往来が多い時などは危ういところもありますが、順調に成長してくれています。馬体重は412kgです。420kgを超えた辺りを目安に坂路調教を開始する予定にしています。」

2022/5/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も調教内容に変わりなく、本場のウッドチップコースでのキャンターを乗り込んできました。休馬明けの月・火あたりはうるさいことが多いですが、週後半にはかなり落ち着いて調教に臨むことができるようになっています。大きな成長ですね。馬体重は410kgで、こちらも順調に増やしており、毛ヅヤも整ってきてコンディションは上々です。馬房や洗い場など、普段の姿では肩回りやトモが薄く見え、けして見栄えのする馬体ではないですが、調教中の身体を大きく見せる走りには、やはり目を奪われますね。馬体の傷みもなく、体重も増えてきたので、そろそろBTCでの調教を再開する予定です。」

2022/4/25
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も調教内容に変わりなく、本場でのキャンターを乗り込んできました。ここ2,3週間でだいぶ精神的な成長も見られ、暴れた時のギュンギュンの切れ味は健在ですが、危うさという面は払拭されつつあります。馬体重は406kgで、数字上は微増ですが、走りも含めて馬体を大きく見せるようになってきました。」

2022/4/18
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、本場のウッドチップコースでキャンターを乗り込んできました。ここ最近はだいぶ落ち着いてきていますが、先週は少しピリピリする日が多かったです。馬房を移してから、飼い葉の完食に時間も掛からなくなり、馬体にますますハリが出てきています。毛ヅヤもあってコンディションは良さそうですね。鍼灸医師の馬体チェックは傷みなくパスしています。」

2022/4/11
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/8(金)の馬体チェックで左右の股関節に傷みが出たため、グルコサミン注射による治療を行っています。翌日は角馬場での乗り運動程度で切り上げ、今朝から再び本場のウッドチップコースでのキャンターを乗り込んでいます。動きは変わらず上質な走りで、暴れた時の身のこなしも抜群に切れています。先月から馬通りが少ない厩舎に移動しており、普段はとてもリラックスして過ごせているようで、馬体重も403kgに増え、ようやく400kgを超えることができました。順調に成長しています。」

2022/4/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】
「3月に入って雪が降ったり気温が下がったりと天候不順が続き、全体的にコンディションが落ち気味だったため、3月中旬から後半にかけて登坂調教を控えて、一時的に調教量を落として調整してきました。今月からはBTCでの調教を再開し、乗り込みを進めていきます。」

【個別近況】
「変わらず順調に調教を消化しており、元気いっぱいの様子です。これまでの調教過程で動けることは分かりましたので、本馬に関しては一時的に調教量をグッと落としています。その甲斐あって馬体にボリュームが出てきており、馬体重は396kgまで増加しています。今週から通常メニューに戻していますが、調教量を落としても、乗り込んでいる時とうるささは変わらないので、馬体重のコントロールのために、今後も定期的に調教強度を落とす期間を作っていきます。」

2022/3/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、降雪の影響で2/21(月)〜2/25(金)の5日間、ロンギ場と内馬場での運動となりましたが、その日以外は順調に調教を重ねています。BTC坂路コースでは3回調教を行っており、計6本の登坂調教を消化しています。本場でもBTC坂路でも、調教中のコントロールは効くようになってきて、以前のようにどうしようもない暴走はなくなってきました。現在の馬体重は380kgで小さい身体ですが、14-14ペースの調教後も元気を余している様子で、体力お化けぶりは健在です。先週の鍼灸医師の馬体チェックでは、珍しく左右の股関節に傷みが見られたため治療をしていますが、足元に疲れが出たこともないですし、体質は強い方ですね。」

2022/2/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は本場の走路にウッドチップを追加し、さらに負荷がかかる馬場で乗り込みを進めてきました。2月に入って日が伸び、厳冬期も終わりに近づいてきたので、今週からBTC坂路コースでの調教を再開する予定にしています。新しく入れたウッドチップのせいで、馬場の色が変わったことに激しく反応していましたが、体力的な問題は全くなく、どれだけ乗り込めばバテるのか、という印象です。馬体の傷みも出ず、順調に調教を進めることができています。乗り手を選びますし、ダメな日はとことん掛かる馬ですが、たまに落ち着いた走りを見せるようになってきて、精神的な成長が垣間見えますね。落ち着いて走れているときは、どこまでも乗って行きたくなるような乗り心地で、非凡な才能を感じさせます。現在の馬体重は388kgです。」

2022/1/10
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、1~2週に1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「この世代も昨年に引き続き、募集開始に合わせて育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら馴致を進めていく方法で調教を進めてきました。放牧後のノンストレスな状態で馴致を行いますので、人馬共に事故のリスクが低く、かつ馴致期間中に落ちる運動量を昼夜放牧で補うことで、騎乗運動開始時の基礎体力が大幅に引き上げられています。また、例年であれば12月末~翌年1月下旬辺りに開始していたBTC坂路コースですが、各馬順調な成長を見せているため、本世代は11月上旬からスタートしています。既に1ハロン15秒を切るペースで走ることは容易な体力を有しておりますが、現在はそれを上限にじっくり乗り込んで体力をつくっている段階です。」

【個別近況】「本馬は8月の上旬から初期馴致を開始し、8月中旬には外馬場での騎乗運動まで進めることができています。小柄で、ビビりで、超が付くおてんばな本馬ですが、かつてこれほどまでに短期間で評価を上げた馬がいないほどに充実した育成ができています。サイズはさておいて、バランスの整った無駄のないコンパクトな馬体をしており、常歩はチャカチャカと細かい歩きですが、走らせるとビュンと飛ぶような伸びのある走りを見せます。牡馬を含めた募集馬全頭の中でも1、2を争う体力を有しており、どれだけ調教を課してもバテずにケロリとしているスタミナお化けです。課題は分かりやすく馬格の成長と、坂路で13秒台を叩き出したことからも分かるように、走り出すと制御が効かない性格です。サイズについては420kgほどまでは欲しいですが、性格については本馬のエネルギーの根幹に触れる部分に感じるので、変に小さくまとまるくらいなら今のままリトルモンスターを貫いて欲しいですね。現在の馬体重は386kgです。」

2021/10/04
2021年9月30日計測の馬体重をお知らせします。

389kg(+2)

馴致を終えて9月中旬より騎乗調教を開始し、現在はウッドチップコースでキャンター2000mまで進めています。騎乗運動を開始したため馬体はグッと締まってきました。近日中にリフレッシュ期間を設けて、馬体の成長を促していきます。

2021/8/16
つぶらな瞳がハートを掴む、フロレンティナの仔。
雌伏の時を経て5歳で春秋スプリントG1を制覇した、ゴドルフィングループの刺客ファインニードルを父に迎えた5番仔です。

7月時点の馬体重は360kgを超えるくらいで、大きな馬ではありませんが、胸前・キ甲・肘の3点を結ぶ三角形の面積は広く、身体に対して大きな心肺が格納されていることが分かりますね。
丸くパンと張りのあるトモも、幅があって容量は十分です。
小さく可愛らしい顔をしているので、全体的に幼い印象を与えますが、数字以上に逞しい馬体をしています。
父は5歳時に一気にスターダムへ駆け上がっており、母の産駒の傾向としてもゆっくりと成長していくタイプですので、本馬も同じような成長曲線を描いていくと思いますが、現時点でも身体の使い方がかなり上手です。
放牧地を走っているところを見ても、他馬とのヨーイドンで先頭に立つことが多く、俊敏な動きを見せています。
動きに無駄がないスムーズな走りが本馬のストロングポイントですね。
性格は愛らしい見た目通り人懐こいですが、人の反応を見てしっかり対応を変える賢い仔です。
写真撮影時はスッと立ち姿が決まり、持っているバランスの高さを見せていました。

均整の取れた馬は、得てして調教が進むにつれてメキメキと力を付けてきますから、成長とともに会員様にとっては気になる存在になってくるのではないかと思っています。

2021/8/12
馬体重・体高・胸囲・管囲の測尺結果は以下の通りとなっております。
(2021年7月30日計測)

馬体重 366kg 体高 147cm 胸囲 170cm 管囲 18.5cm


△ ページの先頭へ戻る