ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
フォーチュンフラグの22年産 栗東・畑端省吾(予定) 鹿毛 2歳(2022.05.10) 2022年産1歳募集馬
2024年3月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ホッコータルマエ
■母:フォーチュンフラグ
■母の父:オルフェーヴル
■募集総額(万円):1,000
■口数:400
■一口出資金(円):25,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):412
■募集状況:募集中
2024/5/14
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は水曜にBTCでの強め調教を消化しました。直線で15-15ペースを乗ってから、坂路コースで3F-45の時計を走破しています。ハードな内容でもしっかり付いていくことができていました。調教後の傷みもさほどなく、一緒に通った馬たちの中で比較しても一番ダメージが小さかったかもしれません。最近は普段の速歩から弾むような歩様を見せるようになってきて、メキメキと力を伸ばしていますね。」

2024/5/07
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、水・土曜にBTCで強めの調教を乗っています。両日ともダート直線1600mコースにて、6Fを大体17,8秒/Fペースで乗った後、坂路コースでは3F-45秒前後の時計で強めのキャンターを消化しました。週2回の強め調教は初めてでしたが、食らい付いてよく頑張っていましたね。息は十分持っていましたし、牡馬相手でも根性を見せてくれています。さすがに反動がゼロとは言えませんが、思ったほど傷みは出ず、今朝も通常メニューの消化ができています。現在の馬体重は423kgです。」

2024/4/30
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は本場での基本メニューをしっかりこなしながら、水曜にはBTC坂路コースで16-14-14の時計の登坂を消化しています。前回のスクミの影響はなく、この時計でもしっかり付いていくことができていました。遅生まれかつ小さい身体故に育成開始時から、いろいろと馬体には気を使いながら進めてきましたが、もうほとんど気にせずしっかり乗り込んでいける馬体に成長していますね。」

2024/4/23
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、水曜にBTCでの強めの調教を行いました。メニューは前回と変わらず、直線コースを15.0-13.7-13.4の3F-42.1の時計で走破しています。ここ最近でかなり成長を見せてきていましたが、さすがにこの時計はまだキツかったようです。行く気は十分ありましたが、身体がまだ付いてきていなかったですね。スクミが出たので、午後からマッサージ等ケアをしています。それでも週末には通常メニューに復帰しており、案外タフなところを見せてくれています。現在の馬体重は423kgです。」

2024/4/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/10(水)にBTCで強めの調教を行いました。1600mのダートコースを普通キャンターで流して準備運動した後、屋内直線コースで16-15-15の3F-45.5秒で動かしています。余力十分で前に置いた馬を追い越そうと、気合いの入った走りを見せてくれました。馬体重は419kgになり、馬体の方も順調に成長を見せてくれています。」

2024/4/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は本場での通常メニューをこなしながら、週末にBTCのダートコースで1600mのキャンターを乗った後、直線コースで3F-45秒のキャンターを消化しています。勾配の攻略に要するパワーが必要ない分、坂路より断然こちらの方が動きが良かったですね。前に馬をおいて少し離れてのスタートから、終いはほぼビタ付けになっていたので、中間で13秒台は出ていそうです。その後の傷みもなく、しっかり消化できています。現在の馬体重は413kgです。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は本場のウッドチップコースで乗り込んできました。だいぶサイズアップして、馬格で言えば同世代の他馬と比較しても遜色ないスケールまで成長を見せています。背が伸びた分、腹周りが寂しくなってしまったので、3月中旬辺りから1週間ほど調教強度を落として調整しました。3月下旬には畑端省吾調教師が来場し『だいぶ大きくなりましたね。馬格が心配でしたが、順調に成長を見せてくれているようです。トモが大きくてパワーがありそうですね。成長を待ってあげたいので、年内のデビューを目標にじっくり進めていきましょう。』と話していました。現在の馬体重は408kgです。」

2024/3/12
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は調教内容に変わりなく、本場での3000mのキャンターと週1,2回の頻度でBTC坂路コースでのスピード調教をこなしてきました。前回はチップ負けや瞼の裂傷などハプニングが続きましたが、その後に影響なくしっかりと日々の調教を消化できています。着々と力をつけてきていて、坂路調教でも前進気勢が強く、最後まで息が持つ走りができています。トモの力がまだ付き切っていないので、その分前脚の捌きが甘いところはありますが、そこはこれからの成長でカバーできると見込んでいます。現在の馬体重は412kgです。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:153cm  胸囲:173cm  管囲:19.5cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『チャーミングフラグ/Charming Flag』に決定しました。中間は、繋ぎ裏がウッドチップ負けで荒れてしまい、1月後半に1週間ほどウォーキングマシーンとロンジングで調整する期間がありました。1月中に通常メニューの消化に復帰し、2月に入ってからはBTC坂路コースでの調教も再開しています。乗っていない間もロンジングで動いていたので、息に余裕があり、楽にこなしていました。2/10(土)に馬房内で瞼を切ってしまい、傷口の縫合し、痒みで壁などに目をこすりつけないように眼帯で保護しています。大きな傷ではなく、止血と治りを早くするための縫合で、眼帯を外せば運動に支障はありません。消炎剤の投与等、治療は数日継続する予定ですが、引き続き本場で乗り込んでいきます。馬体重は413kgになりました。順調な成長を見せています。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込んできました。小さいながら人(馬)一倍負けん気の強いところがあり、他馬に気力でついていくシーンも多く、反動で馬体に傷みが出ることもしばしばありましたが、ここ最近は身体の成長が追い付いてきてメキメキと力を付けて頭角を現してきました。BTC坂路コースでは15-15ペースの登坂をこなすだけの体力も付けており、バランスも整ってきています。うるさい程ではありませんが、少しピリッとアクセントが付くくらいのちょうどいい性格をしていて、可愛い顔をしてド根性タイプのタフな馬ですね。少し幅も出てきており、現在の馬体重は410kgとまだまだサイズは小さいですが、今後の成長も楽しみな動きを見せてくれています。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は適度に休息を挟みながら、前回同様に順調に調教強度を上げていくことができ、11月中旬にはBTC坂路コースでの調教を開始することができています。登坂できるところまで進めてから一旦リフレッシュに入れる予定にしていたので、当時の時点ではやや過負荷だったと思いますが、最後までバテずにしっかりと登坂できていました。その後は予定通りリフレッシュ期間を設け、11月下旬から運動を再開して、現在は本場のウッドチップコースで3000mのキャンターを乗っています。まだ馬体が幼く、馬自身でバランスを取ることが難しいので、乗り役のバランスがキャンターのリズムにもろに影響出ますね。やや後ろ気味にポイントを作ってあげると、とても良い走りができています。現在の馬体重は407kgです。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は順調に調教強度を上げていくことができ、現在はウッドチップコースでキャンター1800mを乗るところまで進めています。馬体バランスがまだ整ってないので時間をかけて進めていくつもりですが、日々の1800mのキャンターも体力的な余裕を残して消化できています。性格は前回も触れたとおり大人しいですが、引っ込み思案や消極的といったネガティブな意味ではなく、指示に従順で操作性の良さを引き出すポジティブな大人しさです。馬体重は399kgで順調に増やしていますが、まだまだ成長途上なので、これからも様子を見ながら調教強度を調整していきます。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 395kg
体高 151.5cm
胸囲 171cm
管囲 19.1cm

2023/10/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1500m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は9月上旬に育成部門に移動し、インドアでの騎乗運動を経て、9月下旬に外馬場デビューしました。遅生まれのハンデがあったので本格的な馴致のスタートは他馬に遅れましたが、現在は角馬場でウォーミングアップの後、ウッドチップコースで1500mのキャンターを乗るところまで進めています。ここまでまったく手が掛からずに順調に来ており、外馬場でも物怖じせずに身体を上手に使った走りを見せてくれています。写真撮影や動画撮影の時に感じた通り、ぬいぐるみのように愛らしく大人しい、この世代のカワイイ枠ですね。現在の馬体重は392kgです。」

2023/9/06
調教メニュー
放牧中

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行う流れで進めてきました。」

【個別近況】「現在は中間育成部門で昼夜放牧中です。一番遅生まれということもあり、他馬よりも長く中間育成部門に置いています。良質な牧草をたっぷり食べて、この1か月で腹回りにかなり余裕をつくることができました。全体的にボリュームアップできてきたので、近い内に育成部門へ移動を予定しています。7月中旬、歩様動画撮影のため育成部門に在厩していた時に、騎乗馴致をあらかた済ませていたので、インドア騎乗から運動を再開する予定です。現在の馬体重は415kgです。」


△ ページの先頭へ戻る