ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
アッシュベリーの20年産 美浦・大竹正博(予定) 黒鹿毛 2歳(2020.03.02) 2020年産1歳募集馬
2021年12月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ハーツクライ
■母:アッシュベリー
■母の父:Any Given Saturday
■募集総額(万円):4,000
■口数:400
■一口出資金(円):100,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):504
■募集状況:満口
2022/1/10
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、1~2週に1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「この世代も昨年に引き続き、募集開始に合わせて育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら馴致を進めていく方法で調教を進めてきました。放牧後のノンストレスな状態で馴致を行いますので、人馬共に事故のリスクが低く、かつ馴致期間中に落ちる運動量を昼夜放牧で補うことで、騎乗運動開始時の基礎体力が大幅に引き上げられています。また、例年であれば12月末~翌年1月下旬辺りに開始していたBTC坂路コースですが、各馬順調な成長を見せているため、本世代は11月上旬からスタートしています。既に1ハロン15秒を切るペースで走ることは容易な体力を有しておりますが、現在はそれを上限にじっくり乗り込んで体力をつくっている段階です。」

【個別近況】「本馬は8月の上旬から初期馴致を開始し、8月中旬には外馬場での騎乗運動まで進めることができています。BTC坂路コースでは、坂を物ともしないパワフルな走りで、余裕綽綽と登坂しており、500kgを超す雄大な馬体ですが、足長でスラっとしたシルエット通り重さは一切感じさせず、我々の期待以上の動きを見せてくれています。性格はアッシュベリーの仔らしく馴致当初は大人しくしていましたが、体力が付いて余裕が出てくると溢れるエネルギーを抑えきれない様子です。現在の調教内容では全く発散しきれていないほどに有り余る体力ですが、やればやるだけ動いてしまうので、現段階では足元への疲労などのオーバーワークを考慮して我慢させています。これからの成長や調教強度を引き上げた時の動きが楽しみです。現状、改善が必要な課題はありません。デビューまで順調に進めていくことだけですね。現在の馬体重は502kgです。」
 

2021/10/04
2021年9月30日計測の馬体重をお知らせします。

482kg(+22)

馴致を終えて8月下旬より騎乗調教を開始しています。1週間ほど騎乗調教をしたのち、9月下旬までリフレッシュ期間として、再び放牧を行いました。現在はウッドチップコースでキャンター2000mまで進めており、BTC坂路コースでの調教開始へ向けて乗り込んでいます。

2021/8/16
”勝負の年”の火蓋を落とすのは”勝負の馬”。
父ハーツクライ、母アッシュベリーの牡馬。

7月時点で450kgを超える雄大な馬体を持ち、全体的に大人びた印象を与えるシルエットで、佇まいからは品性を感じますね。
実際はやんちゃ盛りのオトコの仔ですが、自分が良く見える立ち姿を持っており、スッとポーズが決まるあたりに、本馬のただならぬ素質の片鱗を見ているようです。
太く長い首を、ボリュームのある胸肩が支え、流れるようなボディラインの先には、大きなトモを有しています。足長なバランスでありながら、華奢な印象を抱かせないのは、主要なパーツにはしっかりと肉付けがされていることに起因します。
放牧地ではその馬体を大きく伸ばし、力強くも優雅な走りを見せてくれており、先ほど触れた通り、足長なバランスであることからも、まだまだ馬格の成長の余地が広がっています。

長兄は重賞級のエンジンを積みながらも、故障に泣いたオープン馬。
次兄は2勝目を目前に控え、今後スピルバーグ産駒を引っ張っていくであろう大物。
本馬は一つ空胎を挟んで2年分のエネルギーを惜しみなく注がれた元気印。
20年産募集馬ラインナップのトップを飾るに相応しい仔に育ってくれました。

”TEAM TAIKI×ビクトリーホースランチ”を象徴する馬になってくれることでしょう。

2021/8/12
馬体重・体高・胸囲・管囲の測尺結果は以下の通りとなっております。
(2021年7月30日計測)

馬体重 458kg 体高 163cm 胸囲 180cm 管囲 21.0cm


△ ページの先頭へ戻る