ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
スノーサミットの20年産 栗東・橋田満(予定) 鹿毛 2歳(2020.03.22) 2020年産1歳募集馬
2021年12月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:デクラレーションオブウォー
■母:スノーサミット
■母の父:アドマイヤムーン
■募集総額(万円):1,600
■口数:400
■一口出資金(円):40,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):456
■募集状況:募集中
2022/1/10
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、1~2週に1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「この世代も昨年に引き続き、募集開始に合わせて育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら馴致を進めていく方法で調教を進めてきました。放牧後のノンストレスな状態で馴致を行いますので、人馬共に事故のリスクが低く、かつ馴致期間中に落ちる運動量を昼夜放牧で補うことで、騎乗運動開始時の基礎体力が大幅に引き上げられています。また、例年であれば12月末~翌年1月下旬辺りに開始していたBTC坂路コースですが、各馬順調な成長を見せているため、本世代は11月上旬からスタートしています。既に1ハロン15秒を切るペースで走ることは容易な体力を有しておりますが、現在はそれを上限にじっくり乗り込んで体力をつくっている段階です。」

【個別近況】「本馬は8月の上旬から初期馴致を開始し、8月中旬には外馬場での騎乗運動まで進めることができています。幼少期は割とゆったりとした性格の本馬でしたが、育成部門に移って馴致が始まるとガラッと雰囲気が変わり、牡馬らしいやんちゃな側面を見せるようになってきました。BTC坂路コースでは1ハロン15秒ペースの登坂を楽にこなし、むしろ時計が早くなり過ぎないように控えるのに苦労しています。登坂後も元気一杯な様子で、昨年のタイキスパルタンと比較すると、感情が表情や動きに良く出ていて分かりやすい性格をしていますね。馬格は大きいですが、運動神経が良いので重さを感じさせず、現時点で走りの完成度も高く世代筆頭の内の1頭です。少し馬体が細く映るので、現在はBTCでの調教を控えて調教量の調整をしており、フラストレーションの溜まり具合を見ながら、調教強度の落としどころを探っています。現状の課題は落ち着いて走ることと、成長した馬格に見合うボリューム感を身に付けることですね。現在の馬体重は451kgです。」

2021/10/04
2021年9月30日計測の馬体重をお知らせします。

455kg(+17)

馴致を終えて8月下旬より騎乗調教を開始しています。1週間ほど騎乗調教をしたのち、9月下旬までリフレッシュ期間として、再び放牧を行いました。現在はウッドチップコースでキャンター2000mまで進めており、BTC坂路コースでの調教開始へ向けて乗り込んでいます。

2021/8/16
力強く筋の通った流星が特徴的なスノーサミットの20年産は、デクラレーションオブウォー産駒の鹿毛馬。
先に産駒がデビューし、上々の滑り出しを見せているアメリカンペイトリオット、ザファクターに次ぐWar Front三銃士の、国内繋養後の初年度産駒です。

本馬の美点はなんと言っても、大きくせり上がったボリューム満点のトモ。
重心が低く、安定感のある立ち姿で、骨格も骨量豊富な印象を受けます。
精悍な顔立ちもプラス材料ですね。良い顔の馬は走りますから。
大きな腹袋も特徴的で、写真撮影時も落ち着いており、精神的な余裕を感じさせます。
そして、忘れてはいけないのが、活躍する確率が高いとされる3番仔。
初仔の姉フロストエッジは2戦目で早々に勝ち上がり、2番仔タイキスパルタンは比較的ゆっくりとした成長ながらも、厩舎を含め各者の期待値は高く、秋ごろのデビューを控えています。
様々な要素が本馬の将来的な活躍を示唆していますね。
放牧地ではゆったりとストライドの大きい走りを見せており、一完歩で大きく進む、ロスのない走りが出来ています。

他の馬に誘われれば1日中走り回るだけの体力がありながら、普段は離れたところでゆっくりと草を食んでいる、大人びた印象がありますね。
すでに乗り出せそうなくらい完成度の高い馬ですよ。

2021/8/12
馬体重・体高・胸囲・管囲の測尺結果は以下の通りとなっております。
(2021年7月30日計測)

馬体重 424kg 体高 155cm 胸囲 174cm 管囲 20.5cm


△ ページの先頭へ戻る