ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキマロンの22年産 美浦・伊藤圭三(予定) 鹿毛 2歳(2022.03.25) 2022年産1歳募集馬
2024年3月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ミスターメロディ
■母:タイキマロン
■母の父:ファスリエフ
■募集総額(万円):2,500
■口数:400
■一口出資金(円):62,500
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):476
■募集状況:募集中
2024/4/16
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTCで強めの調教

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/10(水)にBTCで強めの調教を行いました。1600mのダートコースを普通キャンターで流して準備運動した後、屋内直線コースで16-15-15の3F-45.5秒で動かしています。暖かくなって成長が促進されているようで、日を追うごとにどんどん良くなってきています。調教後の脚取りも軽さがあり、馬体もしっかりしていますし、この成長曲線のまま入厩まで進めていきたいですね。」

2024/4/09
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は本場での通常メニューをこなしながら、週末にBTCのダートコースで1600mのキャンターを乗った後、直線コースで3F-45秒のキャンターを消化しています。初めてのコースでしたが、操作性良くサッとこなせる体力を見せています。また、伊藤圭三調教師が来場し『大きくなりましたね。全体的にしっかりした印象を受けました。大人しそうですが、歩様はキビキビしたところもあって楽しみです。GW過ぎ辺りで入厩して、スムーズにいけば福島開催での出走、という流れで考えています。』と話していました。現在の馬体重は474kgです。」

2024/4/02
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は調教内容に変わりなく、本場での通常メニューとBTC坂路での強めの調教をしっかり消化してきました。馬体に芯が通ってからは、グングンと動きが良くなって前進気勢も出てきています。途中、ややハミ当たりに敏感なところを見せていたので、口内をチェックしたところ狼歯が見つかったため抜歯しました。しばらくは気にしていましたが、現在はハミ受けも改善しています。引き続き、乗り込んで体力をつけていきます。現在の馬体重は472kgです。」

2024/3/12
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は休まずにしっかりと乗り込んできました。BTC坂路コースでのスピード調教も欠かさず参加し、14-14ペースの登坂もこなしています。成長とともに芯ができてきて、だいぶ安定感が出てきましたね。それにつれて前肢の捌きも力強くなってきました。馬体の成長も見られましたが、ここ1週間くらいでグッと気合いを前面に推し出すようになってきて、調教中の雰囲気が良い方向に変わってきており、精神面での充実が目を引きますね。現在の馬体重は476kgです。」

※測尺結果(2024年2月末計測)
体高:156cm  胸囲:182cm  管囲:20.5cm
※次回の近況更新4/2(火)を予定、以降は毎週更新予定です。

2024/2/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬名が『ミニョンマルーン/Mignon Maroon』に決定しました。中間は寝違えによる捻りでの運動制限からの立ち上げでスタートし、その後順調に進んで、1月後半から3000mのキャンター開始して通常メニューに復帰しています。1月末に3F-50秒程度の登坂でBTCでの調教を再開し、2月の登坂調教では3F-45秒の時計もこなしています。ここまでの印象としては、成長は遅めのタイプで、入厩は秋以降になるのではないかと見ています。良い時の動きはすでに秀逸なものを見せていますが、馬体の傷みでの休馬を何度か繰り返しながら、着実に成長を見せていってくれると思います。馬体重は471kgになりました。」
※次回の近況更新は3月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2024/1/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間はリフレッシュ期間からスタートし、12月中旬から立ち上げを開始しました。通常メニューへの復帰へ向けて段階を踏んでいましたが、寝違えによる捻りで両飛節に腫脹を発症してしまい、年末から現在まで運動制限をかけています。現在、平常時はほとんど腫れは気にならず、年始から徐々にロンジングや屋内騎乗で動かし始めていますが、日によって午後から腫れぼったい感じが出る時があるので、しばらくは特に注意深く様子を見ながら立ち上げていきます。現在の馬体重は462kgです。」
※次回の近況更新は2月中旬を予定、4月からは毎週更新予定です。

2023/12/05
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は適度に休息を挟みながら、前回同様に順調に調教強度を上げていくことができ、11月中旬にはBTC坂路コースでの調教を開始することができています。バランスの取れた走りで前後の連動もあり、この時期の登坂としては十分な走りを見せてくれました。その後も次の登坂調教へ向けて本場で調整を進めていましたが、徐々にトモに疲れが出てきたので、11月下旬から一旦リフレッシュに入れています。馴致後発組ながら一気に先遣隊まで駆け上がりましたので、ここらで精神的にもちょうどよい休息になると思います。現在の馬体重は465kgです。」

2023/11/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「中間は順調に調教強度を上げていくことができ、現在はウッドチップコースでキャンター1800mを乗るところまで進めています。外での調教が始まったころは周りに気を取られることがしばしばありましたが、現在は動き良し、性格前向き、競走馬向きでとても良い雰囲気で日々の調教をこなしています。馬体も順調に成長を見せ、463kgに増えた体重もそうですが、特に肩回りとトモの要所の肉付きが良くなってきました。体力的な余裕もあり、調教が一番進んでいる馬の1頭と言って差し支えないです。これからの更なる成長に期待しています。」

2023/10/20
◆測尺結果(計測日 2023年10月下旬)
体重 455kg
体高 155cm
胸囲 178cm
管囲 20.0cm

2023/10/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1500m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は9月上旬に育成部門に移動し、インドアでの騎乗運動を経て、9月下旬に外馬場デビューしました。本格的な馴致は同世代の他馬に遅れてのスタートでしたが、物覚えが早く、物怖じしない胆力もあったので、スムーズに外馬場デビューまで進めることができました。現在は角馬場でウォーミングアップの後、ウッドチップコースで1500mのキャンターを乗るところまで進めています。あまり周りの状況に影響されないマイペースな性格で、興味が他に向いているときはズブいところもありますが、淡々とソツなく調教をこなしています。現在の馬体重は450kgです。」

2023/9/06
調教メニュー
放牧中

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
【各馬共通】「6月頃にパンフレットの写真撮影時期に合わせて、繁殖部門から育成部門へ移動し、昼夜放牧を行いながら基礎馴致を行ってきました。移動は4,5頭の組に分けて行い、各々1週間強の滞在で馴致・写真撮影を終えると、他の組と入れ替え、再び繫殖部門の大きな放牧地で運動量の確保を行う流れで進めてきました。」

【個別近況】「現在は中間育成部門で昼夜放牧中です。フォーチュンフラグの22年産のメイトとして放牧中ですが、育成部門の放牧地より格段に良質な牧草を食べて、一日中走り回っており、既に馴致を開始している馬たちよりも筋肉量がありそうなくらいビルドアップされています。7月中旬、歩様動画撮影のため育成部門に在厩していた時に、騎乗馴致をあらかた済ませていたので、近い内に育成部門へ移動し、インドア騎乗から運動を再開する予定です。現在の馬体重は469kgです。」

2023/8/16
◆測尺結果(計測日 2023年8月上旬)
体重 465kg
体高 155.5cm
胸囲 175cm
管囲 20.5cm


△ ページの先頭へ戻る