ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
アッシュベリーの18年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 スピルバーグ 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。明け2歳にしては、少しハードな調教を課していますが、特に坂路でのキャンターでは『まだまだ走りたい』という意思を強く感じています。これだけの調教量をコンスタントにこなしていますから、肉付きが薄く、少し寂しく映っていた馬体も上半身を中心にボリュームアップしています。それでいて、顔つきも含めてまだまだ幼いところがあるので、相当な奥行きがありそうですね。馬体の特徴としては皮膚が薄く、柔らかい筋肉をしています。まだ腰高でキ甲が抜けていないところを見ると、本格的な成長は春を迎えてからになりそうですね。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は460kgです。」

ニチドウルチルの18年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダノンシャーク 母 ニチドウルチル 母の父 ファルブラヴ
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。BTC坂路コースで強目の調教を開始してから、ますます馬体にボリュームが出ており、筋肉の鎧をまとっているかのような屈強なイメージを受けます。それでいて、その筋肉は柔らかく、全身をバネのように弾ませて走る姿に、思わず頬が緩んでしまいます。馬体のバランスに目を移すと、胴は詰まって厚みがあり、全体的にパーツは短くコンパクトなまとまりをみせており、パワーとスピードの両面を兼ね備えているようです。普段の調教での動き、近親の活躍や父の実績を鑑みて、距離はマイルまでが主戦場になると見ています。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は510kgです。」

フロレンティナの18年産 厩舎:栗東・橋田満(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 リオンディーズ 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。坂路での運動を開始してからガラリと一変し、気持ちを前面に押し出した迫力のあるキャンターを見せてくれるようになりました。全身を覆う筋肉もバランスよくボリュームアップに成功しており、先月の今頃と比較しても、一目で成長を感じる変わり身を見せています。コンスタントに乗り込んでいる中、馬体重も順調に増えており、まだまだ大きくなってきそうな雰囲気ですね。前回課題に挙げていた前脚の捌きについては、後肢の踏み込みにだいぶ噛み合ってくるようになってきました。おそらくここから胴も伸びてくると思うので、その後のバランスの取り戻しに時間が掛からないように注意しながら調整を続けていきます。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は474kgです。」

グッドイヴニングの18年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エスポワールシチー 母 グッドイヴニング 母の父 コマンズ
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。前回も触れた通り、坂路コースでの調教を開始してから、その動きで自身の評価をますます上げている本馬ですが、持ち前の強靭な心臓で、15-15ペースのキャンターであろうと余裕綽々といった雰囲気を見せてくれています。一旦馬体が減りましたが、徐々に戻ってきているのもプラスに捉えて良いポイントですね。前回課題に挙げていた、前駆の力みについては少しずつ改善を見せてくれていますが、この時期兄タイキラッシュも同じような素振りは見せていたので、ペースが上がってきて、気持ちよく走ることができるようになれば、自ずと解決するのではないかと見込んでいます。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は484kgです。」

スノーサミットの18年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヘニーヒューズ 母 スノーサミット 母の父 アドマイヤムーン
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。本馬に関しては、順調そのものであること以外に強調できる点が見当たらず、ペースを上げた坂路調教であろうが、距離を延ばした本場でのキャンターであろうと、他馬のちょっかいには乗らず、一貫して前向きな姿勢を維持しています。欲を言えば、本馬を語る上で何か突き抜けるような、特徴的なエピソードがあれば理想ですが・・・。馬体も緩むことなくしっかりシェイプアップされた状態を維持しながらも、増加傾向にありますから、期待通りの成長を見せてくれていますね。もう少しペースが上がってくると、気持ちが表に出て、さらに迫力が出てくるのではないかと思います。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は512kgです。」

タイキエイワンの18年産 厩舎:美浦・伊藤大士(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エピファネイア 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。一時、馬体の成長により、自身のバランスを崩していましたが、ある程度馬格も落ち着いてきた段階で、ようやく前後の動きが噛み合うようになってきました。もともとシャキシャキと軽い動きが特徴的な本馬ですが、成長をしっかりと自分のものとした今では、一完歩でグンと伸びるような躍動感も手に入れ、走りに力強さが出てきましたね。坂路調教を開始した当初は、他馬の後ろをついていく控えめな面を見せていましたが、今では先頭を走ることも厭わず、自信もついてきているように感じます。あとは、馬格の成長にエネルギーを使っていた分、少し馬体が寂しく見えるので、今後厚みが出てくると文句なしですね。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は459kgです。」

タイキラナキラの18年産 厩舎:美浦・矢野英一(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ホッコータルマエ 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。本馬のストロングポイントである総合力の高さは、調教が進んで15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいこうという現在でもトップクラスを維持しており、どの馬と何を比較しても勝るとも劣らない万能さを見せてくれています。ゆったりと伸びのあるキャンターは、馬場状況を問わない活躍を見せてくれそうですし、レッドゾーンに振り切ることなくコントロールできる気性面も距離の融通の助けになりそうです。先週から始めたゲート練習では、初めてのゲートに怯む他馬を尻目に、飄々と先陣を切って通過することができています。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は478kgです。」

ファストムーンの18年産 厩舎:栗東・谷潔(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヘニーハウンド 母 ファストムーン 母の父 アドマイヤムーン
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。馬格の成長は一段落ついたようで、徐々に馬体に幅が出てきています。ここまで乗り込んでいる中、馬体重はプラスに推移していっているので、体力面でもかなり余裕があるようですね。成長とともに、度胸もついてきたようで、前回課題としていた、他馬と併せた際のバランスの乱れについては、完全に克服したといっても良い段階まで来ています。気持ちが前に出てくるようになって、浮ついていたバランスが、しっかり地に足ついた走りに変わってきました。トモの筋力がパワーアップしたこともその要因の一つとして挙げられるでしょう。今後は、さらに馬体に厚みが欲しいところですね。食べたものをしっかり吸収して、更なる成長を見せてくれることに期待しています。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は430kgです。」

マロノヴィーナスの18年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エイシンフラッシュ 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2020/2/03 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。課題に挙げていた、前輪駆動の走りになりがちな点については、継続的に乗り込んできた坂路調教の成果により、後肢の踏み込みが深く、力強くなっており、首の力との釣り合いが取れてきてかなりの改善を見せてくれています。特に臀部の盛り上がり、幅については、大きな成長を感じています。それでいてまだまだ緩さはありますから、今後の伸びしろの大きさに期待が膨らむばかりですね。一番大きな変化は肩回りの容量ですね。キ甲から前腕までの距離が伸びたのと、胸が深くなった分、かなりの容量の確保に成功しています。坂路調教後の息遣いから見ても、心肺機能は相当なものを持っていそうですよ。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は495kgです。」


△ ページの先頭へ戻る