ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
グッドイヴニングの19年産 厩舎:美浦・高木登厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 アメリカンペイトリオット 母 グッドイヴニング 母の父 コマンズ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/15(木)に、BTC坂路調教を行っています。1本目を19-15-15の3F-49.0、2本目を16-14-14の3F-44.0で登坂しています。今時期は1ハロン15-14秒程度で収めたいところですが、馬のバランスを崩さない程度に抑えるには14秒を少し切るくらいは目を瞑らないといけないですね。終始楽な手応えで登坂できており、かなり余裕を感じる走りを見せています。鍼灸医師による週末の馬体チェックも、傷んだ個所はなくパスしています。丈夫さも本馬のストロングポイントですね。今週から他鞍との兼ね合いを見ながら、週2回のBTCでの調教を行っていく予定です。先週の馬体重は506kgです。」

シルヴィーズモードの19年産 厩舎:美浦・萱野浩二厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダノンレジェンド 母 シルヴィーズモード 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/15(木)に、BTC坂路調教を行っています。1本目は19-15-15の3F-49.0、2本目は15-13.5-13.5の3F-41.9で登坂しています。キックバックを被せて我慢させるために、5頭縦列の最後方で坂路に進入しましたが、ものすごい手応えで捲っていき、最終的に前から3頭目で登頂していました。キックバックを被せる目的は達しましたが、もう少し落ち着いて走れると距離の融通が利いてくると思うので、その辺りは今後の精神的な成長に期待しています。15-15ではきかない馬も多くなってきましたので、そろそろ14~13秒台をベースにした調教内容に切り替えていきます。先週の馬体重は508kgです。」

スノーサミットの19年産 厩舎:栗東・辻野泰之厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ザファクター 母 スノーサミット 母の父 アドマイヤムーン
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/15(木)に、BTC坂路調教を行っています。1本目は19-15-15の3F-49.0、2本目は16-14-14の3F-44.4で登坂しています。途中、後ろからかわされて少し気持ちが先行する場面がありましたが、概ね自分のリズムを崩さずに走ることができていました。十分な手応えがありながら、乗り役の指示に従うだけの気持ちの余裕があるところは、実際の競馬で自在なレースプランを組むことができる強みに繋がっていくと思います。馬体にもかなり余裕を感じるので、今週からBTCでの調教を、なるべく週2回通えるようにメニューを組んでいきます。先週の馬体重は532kgです。」

タイキキララの19年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キズナ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、順調に調教をこなしています。4/17(土)には、BTC坂路コースでの調教を行っており、1本目を18-17-16の3F-50.9、2本目を15-15-14の3F-44.4の時計で登坂しています。3頭縦列の先頭を行きましたが、道中は少しフワフワと遊んでいる様子でしたので、1,2発ムチを使って集中を促しました。余裕があるが故の遊びだと思いますが、しっかり集中させていきます。ゲート練習では、正規格のゲートでの通過・駐立は難なくできており、今週から前扉を閉めての進入まで進める予定にしています。先週の馬体重は514kgです。」

タイキソレイユの19年産 厩舎:栗東・橋田満厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハービンジャー 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2400m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週一杯は本場でのキャンター2400mで調整を続けてきました。馬体チェックでも後肢の傷みは見られなくなったので、今週からウッドチップコースでのキャンターは3600mに戻して乗り込んでいきます。BTCでの調教については、様子を見て通えるタイミングで開始していく予定です。このところ本場での調教が続いて、目一杯に身体を動かすことができていなかったので、ハミを取る位置が後ろに下がり過ぎていて、キャンターの出だしなど、大きく動きが変わる時に苦しくなって立ち上がる癖がついてきていましたが、少しずつ前でハミを取らせるように改善してきました。早く気分よく走らせてあげたいですね。先週の馬体重は464kgです。」

タイキレボーの19年産 厩舎:美浦・高橋祥泰厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ビッグアーサー 母 タイキレボー 母の父 キャプテントゥーレ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2400m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週はウッドチップコースでのキャンターの距離を2400mに伸ばして乗り込んできました。全馬同様に日ごとに左右の周りを変えて、左右差が出ないように気を付けています。本馬は今のところ手前に得手不得手はなさそうです。週末の鍼灸医師による馬体チェックでは、引き続き傷みは見られなかったため、今週から距離を伸ばして乗って行く予定にしています。体力的に余裕があれば、ペースも上げて調教強度を引き上げていきます。元気も有り余っていますし、BTCでの調教再開までにそこまで時間は掛からない見込みです。先週の馬体重は504kgです。」

フロレンティナの19年産 厩舎:栗東・西園正都厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ラニ 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き順調に調教をこなしています。4/17(土)には、BTC坂路コースでの調教を行っており、1本目を18-17-16の3F-50.9、2本目を15-15-14の3F-44.4の時計で登坂しています。ここ最近は力を付けてきたこともあり、前の馬を追いかける気持ちが顕著に出てきています。我慢を覚えさせるためにも、坂路では1本目を3頭縦列の最後方2本目を真ん中で乗りました。特に2本目では前の馬をかわす勢いで上がってきていたので、実際は表示タイムより0.5~1秒ほど早いと思います。7月後半からちらほらとダート1700~1800mの新馬戦が組まれていましたので、次回西園正都調教師が来場した際には具体的な移動日が決まってくる見込みです。先週の馬体重は514kgです。」

マロノヴィーナスの19年産 厩舎:美浦・伊藤大士厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ホッコータルマエ 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/15(木)に、BTC坂路調教を行っています。1本目は19-15-15の3F-49.0、2本目は16.5-14.5-14の3F-44.9で登坂しています。5頭縦列の先頭で、ペースメーカーとして他馬を引っ張りながら尻上がりにタイムを縮めていく、理想的なラップでした。最近はトモの厚みが出てきたことで、力強さが際立ってきましたね。兄姉と比較すると、成長速度は早そうで、現時点では比較的完成度が高いと思います。ここまで順調に調教をこなしており、まだまだ体力的にも余裕がありそうなので、今週からは週2回BTCへの通い調教ができるように、調教メニューを組んでいく予定です。先週の馬体重は532kgです。」

エヴェリーナの19年産 厩舎:美浦・大竹正博厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 フリオーソ 母 エヴェリーナ 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/14(水)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。4頭縦列の2番目で1本目を18-16-16の3F-50.7、2本目を16-14-13.5の3F-43.5の時計で登坂しています。入りの時計が前回より遅かったので、トータルタイムは差がありませんが、前回よりもペースアップした調教でも、常に乗り役の手の内に収まっており、抜群の操作性を見せています。合図を出せば馬なりに加速していきますし、控えればしっかり我慢できるのは、余裕がある証拠ですし、レースでも活きてきそうです。雪解けの時期に一時、馬体が寂しくなった時期がありましたが、少し楽をさせてからは充実した馬体を維持できています。先週の馬体重は478kgです。」

タイキエイワンの19年産 厩舎:美浦・和田勇介厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ミッキーアイル 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2021/4/19 - ★5月中旬入厩予定★

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、本場でのキャンター3600mで乗り込みを進めてきました。本場での調教では各馬単走で調教を開始し、最後の2周は併せ馬によるキャンターで気合いを付けています。この調教法だと、併せてからの動きの変化が良くわかるのですが、本馬が一番動きの質が変わりますね。グッとハミを取って、さらに伸びのあるキャンターに変わります。先週の馬体重は430kgです。本日4/19(月)に和田勇介調教師が来場し、『前回見た時からさほど時間は経っていませんが、少し幅が出て立ち姿に迫力が出てきましたね。』と話していました。当初の予定より少し遅れますが、5月中旬の入厩という話でまとまっています。5/10(月)あたりには募集を締め切り、入厩に備えていきます。締切日の詳細については追ってお知らせいたしますので、続報をお待ちください。」

イータカリーナの19年産 厩舎:美浦・矢野英一厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エスケンデレヤ 母 イータカリーナ 母の父 Forestry
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、本場でのキャンター3600mで乗り込みを進めてきました。馬体の成長過程で、現在は少し前後のバランスが崩れています。変遷期に強めの調教をすると足腰に大きな負担が掛かりますので、馬場が深く、脚を取られて負荷が掛かるウッドチップコースで、長い距離を乗って今のバランスに適した走りを教えています。先週末の鍼灸医師による馬体チェックでは、どこにも傷みは出ていなかったので、様子を見ながら走りのバランスが整ってきたらBTC坂路での調教も入れていく予定にしています。先週の馬体重は488kgです。」

タイキグラミーの19年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳厩舎(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 サトノアラジン 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2021/4/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/14(水)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。4頭縦列の先頭で1本目を17-17-16の3F-50.5、2本目を16-14-13の3F-43.3の時計で登坂しています。前回は勾配がきつくなって、馬が一番踏み込んで加速していくタイミングで、手綱を譲らずに我慢させていたことで、左右のブレが出てしまいましたが、今回は入りの時計を遅くすることで、尻上がりに加速しても時計が早くなりすぎないようなペース配分を心がけました。バランスを崩さぬ程度に少し控えた状態でも、楽な手応えでラストは13.3秒の時計でまとめています。明日、菊沢隆徳調教師が来場する予定にですので、ある程度具体的な入厩時期など明らかになってくると思います。先週の馬体重は508kgです。」


△ ページの先頭へ戻る