ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

3歳馬
タイキラナキラの16年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ストロングリターン 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2019/1/14 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「西園正都調教師より、今週末1/18(金)の検疫で、栗東トレセンへの入厩予定との連絡を受けています。自分から動くことができるようになっているので、今の調教強度に余裕が出てきたようです。気持ちの面でも、今までの何事にも動じないフワッとした雰囲気から、少しピリッとしてきたように感じますので、着実に良化しています。引き続き、初入厩へ向けて調教を行っていきます。」


2歳馬
グッドイヴニングの17年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 メイショウボーラー 母 グッドイヴニング 母の父 コマンズ
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月の上旬から初期馴致を開始し、1週間ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致においては手が掛からず、教えたことを素直に受け入れていく懐の深さを感じました。ウッドコースや、坂路でのキャンターは、身体の使い方が柔らかく、操作性が良いのが特徴的です。馴致の時と同様に、基本的には落ち着いて、どっしりと構えたような性格ですが、他馬と併走をした時や、前に馬を置いての調教時は、闘争心を感じる力強いフットワークを見せてくれています。現時点ではどちらかと言うとパワータイプですが、脚捌きが柔らかいので、今後の成長過程で、父と同様に馬場を問わない走りになってくるかもしれません。現在の馬体重は495kgです。」

タイキエイワンの17年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 スピルバーグ 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月の上旬から初期馴致を開始し、1週間ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致段階では、人に良く懐き、初めてのことでも素直に吸収していくことができていました。他馬と一緒に馬場に出るようになってからしばらくは、やや臆病な面を見せてはいましたが、賢さ故の危機察知のように感じました。現在では単走でも併走でも、集中して調教に取り組むことができています。たまにテンションが上がり、やんちゃなところを見せますが、やはり基本的には大人しく、しなやかで柔軟性に富んだ走りが特徴です。筋肉は柔らかく上質ですが、まだ肉付きが薄いので、現時点ではスピードに偏ったキャンターと言えるでしょうか。現在の馬体重は435kgです。」

タイキキララの17年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 グランプリボス 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「8月下旬から初期馴致を開始し、4日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致を進めていく上で、特に躓いた点はなく、何事に対しても興味を持って、真面目に取り組むことができていました。好奇心が勝って、物怖じしないタイプのようです。馬場に出るようになってからも、他馬が物見して立ち止まっている中、堂々と先陣を切ることができるので、先導役として大変に助かっています。ウッドコースやBTC坂路で見せるキャンターは、どっしりと力強く、乗り味はとても柔らかく、両手前ともにバランスの良い走りができています。常歩でのゆったりとした歩様も、明け2歳とは思えない脚取りで、好印象です。現在の馬体重は510kgです。」

タイキグラミーの17年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 スピルバーグ 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「8月下旬から初期馴致を開始し、10日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。初期馴致の段階では、驚いたり、怖がったりと、リアクションが豊富でしたが、進めていくうちに慣れてきて、集中力が高まってきました。馬場に出るようになってからしばらくは、ふわふわと落ち着かないキャンターで、幼さを見せていましたが、現在は、柔らかく安定感がある、小気味の良い走りができています。左右どちらの手前でも均衡が取れており、バネの様に弾む脚捌きが、本馬のストロングポイントと言えるでしょう。前後肢ともに、ボリュームのある筋肉が付いており、パワー・スピードの両面を高い水準で兼ね備えています。現在の馬体重は472kgです。」

マロノヴィーナスの17年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月上旬から初期馴致を開始し、5日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。全兄であるタイキウォレスとは違った性格で、少し神経質なところがありますが、真面目で落ち着いているので、初期馴致もスムーズに進めることができました。乗り手の指示にも鋭敏に反応し、操作性に難は全くありません。馬場に出るようになってからは、初めての見るものには驚きつつも、すぐに受け入れて、調教に集中することができています。ゆったりとしなやかな歩様で、スピード感溢れるキャンターを見せてくれており、BTCの坂路では、初めてにも関わらず、力強い足取りで、1ハロン20秒の目標を優に超える17秒台で、楽々と上がることができています。現在の馬体重は472kgです。」

アッシュベリーの17年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キズナ 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月下旬から初期馴致を開始し、10日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。敏感なところがあり、鞍を付けるまでは苦労をしましたが、乗り始めると意外に大人しく、比較的小さな身体からは想像できないようなパワーと、弾むようなバネを感じました。馬場に出るようになってからは、更に気合乗りも増し、集中して前向きに調教に臨むことができています。キャンターにはキレがあり、どちらかというとスピードタイプのようですが、BTCの坂路でも、その素軽い脚取りに変化はなかったので、パワーも十分に備えているようです。キャンター時の背中も安定感があるので、体幹がしっかりしているのでしょう。現在の馬体重は405kgです。」

タイキソレイユの17年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エイシンフラッシュ 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月下旬から初期馴致を開始し、5日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。普段から人懐こく、人を良く見ている様子が窺えましたが、馴致中も真面目に取り組むことができ、人の指示に集中しているので、覚えもとても早く、スムーズに馴致を進めることができました。鞍付けが終わり、いざ跨ると、少しピリッとした雰囲気を醸し、競馬向きの良い性格をしているな、と感じたのが印象に残っています。馬場でのキャンターは、背中の広さが素晴らしく、後肢から前肢への連動した動きが、最初からできていたので、運動神経の良さが光ります。性格面でも、落ち着いてキャンターができていますし、単走でも併走でも、変に気負うことなく集中できています。現在の馬体重は469kgです。」

タイキトゥインクルの17年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヴィクトワールピサ 母 タイキトゥインクル 母の父 リアルシャダイ
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月下旬から初期馴致を開始し、1週間ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致段階では、何事も無くスムーズに進めることができ、人を乗せても、バランスの良いキャンターができていました。馬場に出て、ウッドコースを回るようになると、柔らかでストライドの大きいキャンターが、より際立って見え、力強い脚取りに頼もしさを感じます。背中は広く、筋肉の伸縮をはっきりと感じ取ることができ、これが大きなストライドと、力強さを生み出しているのでしょう。当然、パワー一辺倒という訳でもなく、脚捌きは柔らかく、上下のブレもほとんど無いので、キレのある走りも期待できる点も好印象です。現在の馬体重は469kgです。」

フロレンティナの17年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 トゥザグローリー 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2019/1/07 - 先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月上旬から初期馴致を開始し、5日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致を進めていくなかで、全く手間のかからない優等生で、馬格もあるので、人を乗せての運動も安定感が抜群でした。馬場へ出て、他馬と併せて調教をするようになると、闘争心を剥き出しにし、馬体が触れると噛みつきに行くほどの気迫を見せるので、その変化に驚いたのが印象に残っています。性格的には真面目で、扱いやすく、動きの面では、まだトモに緩さを感じますが、前後左右のバランスが取れた、乗り味の良いキャンターができています。現在の馬体重は497kgです。」


△ ページの先頭へ戻る