ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキソレイユの16年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「上下動が少なく、安定感抜群のキャンターで日々の調教をこなしており、メインとなる本場ウッドチップコースでの調教を、2400mから800m伸ばして、じっくりと乗り込みを進めています。引き続き、本場では長距離を乗って、全体のバランス、心肺機能を鍛え、BTC坂路コースでは、速く走る為の筋肉や、身体の使い方を身に付けていけるように調教していきます。」

タイキグラミーの16年産 厩舎:美浦・上原博之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ゼンノロブロイ 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路コースにて15-15ペースの調教を開始しました。同メニューをこなした他馬が、滝のように汗を流している中、本馬は比較的汗の量が少なく、また息の入りも早いので、相当な出力のエンジンを積んでいる様です。これといった痛みもなく順調ですので、この調子でデビューへ向けてしっかりと乗り込んで、トレセンヘ送り出したいです。」

アッシュベリーの16年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「成長過程なのもあり、少し後肢に疲れが溜まってきていましたので、先週はBTCへの通い調教はせず、本場のウッドチップコースでのキャンターのみとし、楽をさせました。週末にはほとんど回復し、いつも以上に元気が出てきました。少し休ませたことが、しっかりと筋肉の成長に繋がったようです。今週からは徐々に通常の調教メニューへ戻していきます。」

タイキキララの16年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ディープブリランテ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路コースにて15-15ペースの調教を開始しました。いわゆる“持ったまま”で勾配5%の坂を物ともせず、軽々と加速することができています。馬格は一般的ではありますが、後肢を深く踏み込むことができるので、結果前脚を大きく前に踏み出すことが可能となり、スムーズな加速と、パワーを両立させているのだと思います。」

タイキラナキラの16年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ストロングリターン 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路コースにて15-15ペースの調教を開始しました。調教の距離を伸ばしても、坂路でのペースを早くしても、前後閉まったゲートでの駐立も、なんでも普通にこなすことができてしまう本馬は、あまり良い形容とは言えませんが、ある種の底知れぬ不気味さを持っています。纏ったヴェールを脱ぐ瞬間まで目が離せません。」

マロノヴィーナスの16年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「まだ幼さが残る前寄りのバランスということもあり、少し背中から臀部にかけて疲れが溜まってきていましたので、先週はBTCへの通い調教はせず、本場のウッドチップコースでのキャンターのみとし、楽をさせました。本馬の柔らかく、上質なキャンターを維持する為の筋力は、これからの成長過程で身についてくると思います。」

エステーラブの16年産 厩舎:美浦・萱野浩二(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 エステーラブ 母の父 マイネルラヴ
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「トレセンへの初入厩がいよいよ具体化してきました。ゲート練習は前後閉扉の状態で駐立できるところまで進んでいます。体躯はすっかり大人びて、競走馬らしい身体つきになっています。2歳戦は短い距離のレースが多いので、本馬にとっては好条件でとても楽しみです。大した怪我や痛みもなく、順調に来れていますので、まずは無事に初入厩するまで、より一層しっかりと調教を進めていきます。」

タイキエイワンの16年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヴィクトワールピサ 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路コースにて15-15ペースの調教を開始しました。疲れ知らずで、調教で掛かった負荷を、しっかりと身に付けて行けるタフさを持っています。ペースを上げた調教でも、余所見するほどの余裕があるようです。牝馬で馬格があり、ある程度の距離をこなせそう、というのはレースを選ぶ上で大きな強みになりそうです。」

タイキフェアレディの16年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キンシャサノキセキ 母 タイキフェアレディ 母の父 タイキシャトル
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から一気に気温が上がったことで、冬毛が抜け切り、毛ヅヤがガラリと良くなりました。より一層輪郭がはっきりとしたので、胸前や後肢の筋肉は彫刻像の様に隆々としているのが、一目で分かります。比較的長めの胴と、全身を使ったスケールの大きい、ゆったりとしたキャンターで、距離の融通が効く様子が伺えます。」

レーヴドベティの16年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 クロフネ 母 レーヴドベティ 母の父 ロックオブジブラルタル
2018/4/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「調教に真面目に取り組む余りに、精神的にカッとなるところが出てきましたので、一旦負荷を落として、リラックスさせることにしました。ゴムまりのように重厚な筋肉で覆われた後肢に秘めたる、爆発的な加速力とトップスピードは健在ですので、休ませたことで精神面での更なる成長を期待しています。」


△ ページの先頭へ戻る