ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキソレイユの16年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ダンカーク 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2018/10/15 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「引き続き好調を維持できており、週を追う毎に身体もしっかりしてきました。柔らかく安定感があるキャンターができていますし、少し強目に攻めても音を上げることもなく、飼葉を完食することができています。この調子を維持しながら、入厩の声が掛かるまでしっかりと鍛えていきます。」

アッシュベリーの16年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2018/10/15 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて 15-15のキャンター

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週の末にBTC坂路での調教を行っています。乗り役も15-15ペースに抑えるので精一杯といった感じで、休養を挟む度に大物感を増していっているように感じます。普段の本場での調教でも迫力あるキャンターができており、決して頭に血が上った様な行きっぷりでは無く、調子が良いので身体が良く動く、という様に感じています。」

タイキキララの16年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ディープブリランテ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2018/10/15 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「徐々に息の入りも良くなってきました。調教後の汗の量は変わらず多めなので、汗をかきやすい体質なのかも知れません。こちらに来た時はコロンとした体型の印象でしたが、その分身体を絞り易いので、適正な皮下脂肪の具合を見ながら、初入厩へ向けて仕上げていきます。」

タイキラナキラの16年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ストロングリターン 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2018/10/15 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「引き続き順調に調整を進めています。こちらに来たばかりの時のキャンターでは、少し上に力が抜けるような感触でしたが、そこは修正することができましたので、力強さと安定感は、以前にも増してきています。息の入りも徐々に良くなってきていますので、この調子の波に乗ったまま進めていきたいと思います。」

マロノヴィーナスの16年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2018/10/15 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター1本、13-13のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場とBTCでの調教で入厩に備えて調整を行っています。変わらずチャカチャカしたところは見せていますが、調教には集中して臨むことができています。単走ではそこまで気迫を見せるタイプではありませんが、併せ馬の調教では、グッと重心を低くし臨戦態勢に入り、絶対に抜かせないといった雰囲気を見せてくれています。」

タイキエイワンの16年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ヴィクトワールピサ 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2018/10/15 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター1200m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「こちらに着いたばかりの時と比較すると、身体は一回り大きくなっています。以前は流線形のなだらかな起伏の筋肉でしたが、日々の調教の中で、輪郭のはっきりした逞しい筋肉に変わってきています。怪我などに注意しつつ、引き続きこの調子で進めながら、入厩まで仕上げていきます。」

タイキフェアレディの16年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キンシャサノキセキ 母 タイキフェアレディ 母の父 タイキシャトル
2018/8/20 - ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、日中はサンシャインパドックにて放牧を行い、経過を観察しておりましたが、なかなか状況が好転しない為、より精密な検査を行った結果、『ウォブラー症候群』という診断を受けました。獣医師と関係者での協議の結果、今後競走馬として出走することは厳しいとの判断に至り、誠に残念ながら、ファンドを解散することとなりました。出資会員の皆様には詳細を書面にて送付いたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」


△ ページの先頭へ戻る