ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
アッシュベリーの18年産 栗東・牧浦充徳(予定) 栗毛 2歳(2018.5.10) 2018年産2歳募集馬
2020年5月_ビクトリーホースランチ名張分場
■父:スピルバーグ
■母:アッシュベリー
■母の父:Any Given Saturday
■募集総額(万円):2,000
■口数:200
■一口出資金(円):100,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
■現在の馬体重(Kg):490
■募集状況:募集中
2020/6/01
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は、様子を見て坂路コースでのキャンター2本まで進める予定にしていましたが、5/27(水)に疝痛を発症したため、以降は騎乗調教は行わず、ウォーキングマシーンでの運動のみで療養しています。5/29(金)の朝には症状は解消しており、先週末の段階でだいぶ元気も出ていましたので、今朝から乗り運動を開始しています。馬体は488kgで見た目にも数字でも維持できていますし、午後からの様子を見ても大丈夫そうなので、明日からはポリトラックコースでのキャンターから再開していきます。」

2020/5/25
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンタ1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「移動後は体調を崩すことなく、スムーズに立ち上げが進み、5/21(木)から運動を開始しています。角馬場での乗り運動から始め、現在はポリトラックコースでのキャンター2000mと、坂路調教1本で調整しています。しっかり地面を捉えた推進のある走りで、身体も大きく使った良いキャンターができています。今朝の馬体重は486kgですので、輸送で減った分はほとんど取り戻していますね。暑さにやられてヘバるところも見せませんし、タフな精神力を持っています。今週前半は同様の調教内容で進めて様子を見て、状態を維持できていれば後半からは坂路調教2本に増やして乗っていきます。」

2020/5/18
★5/14(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は移動を控えていたので、ウッドチップコースでのキャンターのみで調整されており、5/14(木)に浦河を出発して、5/16(土)にこちらへ到着しています。到着時の馬体重は470kgです。想定の範囲内での減量ですので、問題ありませんね。馬体を見て、兄のタイキフェルヴールの若駒のときと似ているな、というのが第一印象です。腰高でトモがちょっと流れ気味なところや、首付きなど、共通点が多いですね。これは兄同様に今後の成長で大きな馬格を手に入れることになりそうです。食欲の減退や体調不良は見られず、元気に過ごしており、先に来ている牡馬2頭と、馬房越しにコミュニケーションを取っています。今日はウォーキングマシーンでの運動のみで長旅の疲れを癒して、週末辺りにはポリトラックコースでのキャンターを開始できるように進めていく予定にしています。」

2020/5/11
★5/14(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動を予定しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、5/6(水)にBTC坂路での調教を行っています。前回、かなり強目の内容で乗っていますので、先週の坂路では1,2本目を3F-60秒程度で、3本目は15-15ペースまでに控えて乗っています。前回の強目調教での記憶が残っていますので、かなり行く気になっていましたが、なんとか前の馬を壁にして収まりはついています。体力も気力も充実しており、強目の調教後もハツラツとしています。馬体重は現在490kgで、13-13ペースの調教をこなしたにもかかわらず、しっかり維持できています。牧浦充徳調教師からの要請を受けて、5/14(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場への移動を予定していますので、今週は本場のウッドチップコースでのキャンターのみで進めていきます。」

2020/5/04
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は調教内容に変化はなく、ウッドチップコースでのキャンターと週1回のBTC坂路コースでのキャンター3本を乗り込んでいます。BTC坂路へは4/29(水)に通っており、1,2本目を3ハロン60-55秒程度のキャンター、3本目を13.4-13.5-12.4の3ハロン39.3秒の時計で走破しています。入りの時計も13秒台で優秀な加速力を示してくれましたし、終いの1ハロンで更に時計を詰めて、十分な余力があることも分かりました。乗り役も手を動かしたり、余計なことはせず馬なりでこれだけ動けていますから、目一杯の走りをしたときの動きが楽しみですね。ゲート練習も継続して行っており、音を立てて勢いよく扉が開いても、臆することなく速歩での発進ができています。今後もゲート練習は続けていき、発進の反応を磨いていきます。」

2020/4/27
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/22(水)にBTCへの通い調教を行っています。ここまで乗り込んできて十分な体力もついてきましたし、身体も成長して丈夫になっていますので、更に負荷を掛けるべく、キャンターの本数を3本に増やして鍛えています。1,2本目は3ハロン60秒前後の普通キャンターで、3本目に13-13ペースの強目キャンターを行いました。現在の馬体重は489kgで、強目調教をコンスタントに乗り込んでいる中で、馬体重を増やしており、ますます力強い走りをするようになってきました。馬格が成長してもバランスが崩れることはなく、しなやかな走りも維持できています。これだけ成長を見せてくれていても、キ甲は抜けていませんし、まだまだ奥行きがありますね。トモががっちり嵌ってくると更に推進を感じるキャンターになってきそうです。今週も3本の坂路調教は継続して行っていき、しっかり乗り込んで鍛えていきます。」

2020/4/20
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、調教内容に変わりはなく、順調に調教をこなしています。兄姉と同様に、本馬も漏れなく坂路で燃える性格になってきました。馬格もあり、この頃は馬体のボリュームも出てきているので、前列後列関係なく、恐ろしいほどのパワーで頂上へ向かって走っていきます。乗り役も身体を畳んで必死で抑えていますよ。それでいて、まだハミをガッチリ噛むほどの本気の走りではないので、追い切りを経て、臨戦態勢が整った時の走りは相当なものになるのではないかと思います。手先の軽いシャキシャキとした走りは健在ですので、芝の中距離辺りでデビューできると、先々の楽しみがさらに広がりますね。今週も調教メニューは変えずに、入厩へ向けて乗りこみを進めていきます。」

2020/4/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「調教内容に変わりはなく、引き続き体力づくりに励んでいます。大きく成長したトモの幅と肩回りのボリュームを存分に活かして、益々力強く、迫力のあるキャンターを見せてくれています。坂路コースを走るとよくわかりますが、明らかにパワーが付いてきましたね。騎乗調教を開始したころは、まだ身体も薄く、スピードに秀でている印象でしたが、今は馬格も手に入れて、スピード・パワーの両方を備えた走りになっています。父と母の産駒の傾向から、本馬も奥手かもしれないと見積もっていましたが、今の成長の勢いを見る限り、その心配は杞憂に終わりそうです。今後も成長を阻害しないように、じっくりと乗り込んで体力を作っていきます。」

2020/4/06
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月も調教内容は変わらず、ウッドコースでのキャンター3600mをベースに、週1回BTC坂路での強目調教を行い、心肺機能の強化と丈夫な身体づくりを進めてきました。ゲート練習も並行して進めており、本馬は前後扉を閉めた状態での進入・駐立まで進んでおり、ゲートに関しては一通りの馴致を終えています。以降は、より慣れさせていくように継続して練習していきます。ここ数週間での精神面での充実・成長が著しく、坂路コースでの気合の乗り方や、後列に位置したときの、前を行く馬を蹴散らさんばかりの迫力など、以前に輪をかけて目に付くようになってきました。いままでは、馬格の割に案外薄い身体をしていましたが、高負荷の調教をコンスタントに乗り込んできた甲斐もあり、この一か月で肩回りの大きさやトモの幅など、大きな成長が見られます。心身の充実から察するに、相当な伸び盛りですね。まだまだ奥行きに余裕を感じますから、一か月後にはさらに大きく変わっていそうです。その成長を促すためにも、今月はどこかで1週間ほどのリフレッシュ期間を設けようと思っています。現在の馬体重は482kgです。」

2020/3/02
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在はウッドチップコースでのキャンターを6周、3600mに加え、週1回BTC坂路での強目調教を継続的に乗り込んでいます。先月後半にはリフレッシュに入れる予定にしていましたが、疲れが出ることもなく順調に来ていますので、このまま進めていく予定にしています。BTCでの調教動画も何本か上げていますが、坂路での走りはさすがの貫禄で、気合を前面に押し出した走りは、最近までこちらにいた兄のタイキフェルヴールにそっくりです。馬体の成長も促さなくてはいけないので、あまりやりすぎないように控え気味に乗っても13秒台の時計が頻発し、日に日に肩回りの筋肉も発達してきています。バランス良く、背中が安定したキャンターで、クセもなく、とても乗り易い走りをしています。本場でのキャンターではフワフワとした走りで少し伸びた格好となってしまっていますが、オンオフがはっきりしている証拠としてプラスに捉えて良いと思います。性格面では、少しやんちゃなところが出てきていますが、いざ調教となると集中力が増す様子は、アッシュベリーの仔らしくなってきました。現在の馬体重は468kgです。」

2020/2/03
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。明け2歳にしては、少しハードな調教を課していますが、特に坂路でのキャンターでは『まだまだ走りたい』という意思を強く感じています。これだけの調教量をコンスタントにこなしていますから、肉付きが薄く、少し寂しく映っていた馬体も上半身を中心にボリュームアップしています。それでいて、顔つきも含めてまだまだ幼いところがあるので、相当な奥行きがありそうですね。馬体の特徴としては皮膚が薄く、柔らかい筋肉をしています。まだ腰高でキ甲が抜けていないところを見ると、本格的な成長は春を迎えてからになりそうですね。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は460kgです。」

2020/1/06
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2400m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月の初旬から初期馴致を開始し、途中募集馬ツアーを挟んで10月に入るころには馬場での乗り運動をスタートさせています。初期馴致の段階から、物おじしない堂々とした佇まいで、運動中はしっかりと集中して物事の覚えも早く、普段の馬房ではのんびりとリラックスムードを漂わせ、大物の雰囲気を感じています。ウッドチップコースでの騎乗馴致を開始してからは、左右のバランスが取れた歩様で、キャンターも常歩も歩幅が大きく、スピードに乗ってきた時の安定感・安心感は1歳馬とは思えないほどのものでした。現状、まだまだ成長過程ですが、前躯と比較すると後躯の発達が目立ち、それが先の安定感や安心感につながっているのだと考えています。まだ少し馬格に対して肉付きが薄く、華奢に映るところがあるので、今後の成長過程で身が詰まってくると、更なる迫力が出てきそうです。今月はBTC坂路コースで1ハロン17〜15秒ペースで走れるところまで進める予定にしています。現在の馬体重は451kgです。」


△ ページの先頭へ戻る