ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
アヴォロンティ 美浦・伊藤大士 青毛 2歳(2018.3.25) 2018年産1歳募集馬
2020年3月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:エピファネイア
■母:タイキエイワン
■母の父:フサイチコンコルド
■募集総額(万円):1,800
■口数:200
■一口出資金(円):90,000
■在厩先:美浦トレセン
■現在の馬体重(Kg):464
■募集状況:募集終了
2020/5/04
★5月中旬に入厩予定 5/6(水)募集締め切り★

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場ウッドコースでのキャンターと週1回のBTC坂路コースでの強目調教で負荷を掛けて乗りこまれています。先週は4/29(水)にBTCでの調教を行っており、1本目を3ハロン62.3秒、2本目は54.1秒、3本目はテンから動かしていき、13-13ペースの3ハロン39.2秒の好時計で走破しています。また、伊藤大士調教師より、『ゴールデンウィーク明けの検疫で入厩の準備が整いました。移動で減った分を戻す時間を考慮しても、スムーズにいけば6月デビューも見込めますね。まずはゲート試験後どれだけ余裕が残っているかで、続行か再放牧かのジャッジが必要ですが、いずれにしても状態優先で早めにデビューさせていくつもりです。』との連絡を受け、入厩に備え5/6(水)で本馬の募集を締め切ることとなりましたので、ご出資をお考えの方はお早目のお申込みをよろしくお願いいたします。父の産駒は2歳戦からインパクトを残していますので、本馬にもそれに倣った活躍を期待しています。」

2020/4/27
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は4/22(水)にBTCへの通い調教を行っています。ここまで乗り込んできて十分な体力もついてきましたし、身体も成長して丈夫になっていますので、更に負荷を掛けるべく、キャンターの本数を3本に増やして鍛えています。1,2本目は3ハロン60秒前後の普通キャンターで、3本目に13-13ペースの強目キャンターを行いました。現在の馬体重は465kgで、ここまで乗り進めている中で、馬体重を減らさずに維持できています。馬格の成長はある程度この辺りで収まりそうですね。幅が出てきて、走りに力強さが出てきているので、ここで負荷を上げることでさらなるパワーアップが期待できます。伊藤大士調教師からは『調教動画見ました。かなり雰囲気が出てきましたね。華奢な印象もなくなり、だいぶ仕上がってきましたね。そろそろ入厩の準備を整えておきますので、引き続き乗り込みよろしくお願いします。』と連絡を受けています。今回、入厩に備えて3頭が名張へ移動しましたが、美浦所属の馬は移動時間が一日で済みますので、浦河から直接入厩させる予定にしています。入厩へ向けて、今週も同じ調教メニューで乗り込んでいきます。」

2020/4/20
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「すっかり調子を取り戻し、リフレッシュ休養に入る前よりもパワフルなキャンターを見せてくれています。先週4/15(水)には、BTC坂路コースで3ハロン65秒と55秒のキャンターで2本乗り込んでいます。1本目は、久しぶりの坂路ということもあり、かなりテンションが高く、気持ちが先行して上ずった走りになってしまっていましたが、2本目を行くころには落ち着きを取り戻しており、持ち味のスピード感を保ったまま、力強さが増したキャンターを披露してくれました。リフレッシュ期間中に馬体のボリュームアップに成功していますので、以前の様な華奢な印象はなく、一皮剥けてより競走馬らしくなってきました。今週からは、通常通り坂路コースで15-15ペースの調教を再開する予定にしています。」

2020/4/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は本場のウッドチップコースでのキャンター3600mを乗り込んできました。リフレッシュの効果もあり体調面はすこぶる順調で、トモを中心に全体的に身体にハリが出て、毛並みも整ってツヤが出ています。動きの面でも、逞しくなったシルエット通り、一歩一歩に推進を感じる力強い歩様を見せてくれています。リフレッシュが明けてから2,3週間本場のウッドコースで乗り込んできており、十分に体力も戻ってきていますので、今週からBTC坂路での調教を再開する予定にしています。本場の調教でもこれだけ分かりやすい成長が見られますし、いきなり15-15ペースのキャンターは行いませんが、坂路でどれだけの動きを見せてくれるのか楽しみですね。」

2020/4/06
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月も調教内容は変わらず、ウッドコースでのキャンター3600mをベースに、週1回BTC坂路での強目調教を行い、心肺機能の強化と丈夫な身体づくりを進めてきました。ゲート練習も並行して進めており、本馬は前扉を閉めた状態での進入、駐立まで進んでいます。以降は後扉を閉めた状態に慣れさせていきます。ここまでコンスタントに強目調教を乗り込んできて、少し疲れが出たのか、毛ヅヤと飼い食いが落ちてきましたので、3/18(水)から一週間、休養期間を設けて馬体のリフレッシュと成長を促す時間を取りました。3,4日で状態は好転し、現在は運動量を通常通り、ウッドチップコースでのキャンター3600mに戻しており、1,2週の間にBTC坂路での強目調教も再開する予定にしています。この休養期間中に、馬体は一気に充実し、華奢に見えていたシルエットもだんだん逞しく見えるように成長してきました。走りの面でもスピード感あふれるキャンターはそのままに、一完歩ごとに地面をしっかりと捉えて推進を生み出して、迫力ある走りも見られるようになっています。現在の馬体重は464kgです。」

2020/3/02
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在はウッドチップコースでのキャンターを6周、3600mに加え、週1回BTC坂路での強目調教を継続的に乗り込んでいます。先月後半にはリフレッシュに入れる予定にしていましたが、疲れが出ることもなく順調に来ていますので、このまま進めていく予定にしています。BTC坂路コースでの調教では13秒台の時計でも、バタバタとすることなく、柔らかくも芯の通ったキャンターを見せてくれています。スピード感に溢れ、地離れの良いリズミカルなキャンターは、母が活躍した芝中距離の舞台で活きてきそうです。馬体面では、依然ぱっと見た感じでは華奢に映ってしまいますが、トモ、腰回り、前腕と、しっかりと肉付きがされており、ボリュームが出てきています。馬格の成長により、前後にゆったりと余裕のある胴と、それに沿って柔らかくしなやかな背中の筋肉を手に入れ、騎乗調教を開始したころに受けた印象とは別の馬に成っていますよ。性格面では、やや敏感なところがありますが、物見をしてもパニックになるようなことはなく、レース中の騎手の指示にもしっかり反応してくれる素地を感じます。現在の馬体重は451kgです。」

2020/2/03
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「現在は1周600mのウッドチップコースでのキャンターを5周、日毎に手前を変えてバランスよく調教を重ねています。週1回のペースで通っているBTC坂路コースでの調教では、平均して1本目を3ハロン60秒、2本目を3ハロン46秒程度の時計で強目に乗り込んでいます。一時、馬体の成長により、自身のバランスを崩していましたが、ある程度馬格も落ち着いてきた段階で、ようやく前後の動きが噛み合うようになってきました。もともとシャキシャキと軽い動きが特徴的な本馬ですが、成長をしっかりと自分のものとした今では、一完歩でグンと伸びるような躍動感も手に入れ、走りに力強さが出てきましたね。坂路調教を開始した当初は、他馬の後ろをついていく控えめな面を見せていましたが、今では先頭を走ることも厭わず、自信もついてきているように感じます。あとは、馬格の成長にエネルギーを使っていた分、少し馬体が寂しく見えるので、今後厚みが出てくると文句なしですね。今月は前半に15-15ペースの坂路調教をコンスタントに乗り込んでいき、後半には一旦リフレッシュ期間を設けて、成長を促していく予定にしています。現在の馬体重は459kgです。」

2020/1/06
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2400m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月の初旬から初期馴致を開始し、途中募集馬ツアーを挟んで10月に入るころには馬場での乗り運動をスタートさせています。普段は少し敏感なところがあり、乗り出すまでは少し苦労する場面もありましたが、現在は馬群の中でも集中した走りができています。兄姉はどちらかというと大人しく、ゆったりとした走りの馬が多いですが、本馬は『いい意味で』父エピファネイアの気性を受け継いでおり、走りたいという気持ちがとても強く感じられます。実際に本場のウッドチップコースやBTCの坂路で、少し伸ばした走りをさせると、背中を柔らかく使い、軽いフットワークで機敏な動きを見せてくれています。常歩でもシャキシャキとリズミカルな動きで仕上がりは早そうな印象を受けています。目下絶賛成長中で、胴もかなり伸びてきたので、今は前後のバランスを取るのに苦労していますが、馬格の成長が落ち着くころには、今の機敏な動きに加えて、パワーもついてくることでしょう。今月はBTC坂路コースで1ハロン17〜15秒ペースで走れるところまで進める予定にしています。現在の馬体重は457kgです。」


△ ページの先頭へ戻る