ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
グッドイヴニングの19年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 アメリカンペイトリオット 母 グッドイヴニング 母の父 コマンズ
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/5(水)に獣医師による症状のチェックを受け、運動再開のゴーサインをもらっています。翌日5/6(木)から早速騎乗運動を再開し、角馬場での乗り運動と1200mのキャンターを行いました。久しぶりの分の重さは除いて、動きにマイナス面の変わりはなく、休んだことによる迫力の増加が顕著に出ています。目の怪我による療養で、身体は健康状態を維持していたので、元気が有り余っている様子です。週末にはキャンターの距離を3000mまで延ばし、元の調教内容への立ち上げは順調に進んでいます。先週末の馬体重は510kgです。」

シルヴィーズモードの19年産 厩舎:美浦・萱野浩二(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダノンレジェンド 母 シルヴィーズモード 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/5(水)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。1本目は16-14-14の3F-44.4、2本目は15-14-13.5の3F-42.7で登坂しています。ペースが上がる2本目でも、持ったままで楽に登坂できているので、相当余裕がありそうです。登坂時の左右のブレもなく、力が真っ直ぐ前に伝わっていることが分かりますね。本場では、ラスト2周を併せて伸ばす調教を続けており、番手での追走でも我慢が効くようになってきています。週末の鍼灸医師による馬体チェックでも傷みは見られず、今週も同様の調教内容で乗り込みを進めていきます。先週末の馬体重は508kgです。」

スノーサミットの19年産 厩舎:栗東・辻野泰之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ザファクター 母 スノーサミット 母の父 アドマイヤムーン
2021/5/10 - ★6月初旬入厩予定★

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/5(水)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。1本目は16-14-14の3F-44.4、2本目は15-14-13.5の3F-42.7で登坂しています。余裕があるが故に、正面から見るとあまりスピードに乗った走りに見えないですが、実際は13秒台の時計が出ているという点で、まだまだ奥行きがあるところを見せてくれていますね。ゲート練習も順調に進んでおり、調教進度を踏まえた上で、先週末に辻野泰之調教師と相談した結果、6月初旬の入厩に向けて、近日中にビクトリーホースランチ名張分場へ移動することになりました。この時期はかなり混んでいますが、馬運車の手配ができ次第の移動となります。先週末の馬体重は528kgです。」

タイキキララの19年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キズナ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/5(水)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。1本目は16-14-14の3F-44.4、2本目は15-14-13.5の3F-42.7で登坂しています。2本とも4頭縦列の2番手で安定感のある走りを見せてくれています。登坂後も、これくらいのペースなら余裕綽々と言わんばかりの涼しい顔で、馬運車までの帰り道を元気よく歩いていました。ゲート練習も順調に進んでおり、レース時と同じく、前扉を閉めた状態で進入し、後扉を閉めてもゲート内で我慢ができています。まだ開扉音は聞かせていませんが、開いてからの飛び出す反応も良く、今のところゲートで心配な点はありません。牧浦充徳調教師からの要請で、入厩に備えて5/17(月)にビクトリーホースランチ名張分場への移動を予定しています。先週末の馬体重は498kgです。」

タイキソレイユの19年産 厩舎:栗東・橋田満(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハービンジャー 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター1200m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/4(火)の鍼灸医師による馬体チェックで、右股関節の傷みが出ましたので、水鍼による治療を行った後、軽めの調整としています。ここ1,2か月ほどで大きな成長期を迎えており、少しトモに掛かる負担が大きくなっているようですので、通常ですと治療後2,3日で通常通りの運動に復帰しますが、今回は10日ほど楽をさせる予定にしています。明日の馬体チェックで傷みが見られなければ、今週中ごろにはキャンターの距離を延ばして乗って行く予定にしています。前回療養明けの動きが素晴らしく変わっていましたので、今回もしっかり成長した姿を見せてくれることを期待しています。先週末の馬体重は468kgです。」

フロレンティナの19年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ラニ 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/5(水)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。1本目は16-14-14の3F-44.4、2本目は15-14-13.5の3F-42.7で登坂しています。2本とも4頭縦列の最後方で調教を行いました。坂路の麓には輪乗りをする待機場があるのですが、先に入っていく馬についていこうとかなり暴れたため、大きく出遅れてしまいました。コース終盤には遅れを取り戻して追い付いていたので、実際の表示タイムより1,2ハロン目は1秒ずつくらい早いと思います。3ハロン約40秒台での登坂でしたが、疲弊した様子はなく、帰路も元気一杯な様子でした。だいぶ父っぽさが出てきたように思います。先週末の馬体重は508kgです。」

エヴェリーナの19年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 フリオーソ 母 エヴェリーナ 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/8(土)に、BTC坂路コースでの調教を行っています。1本目は17-15.5-15.5の3F-48.1、2本目は17-14-14の3F-45.0で登坂しています。2本とも3頭縦列の先頭で、他馬を引っ張っています。常に乗り役のコントロール下にあり、真面目な性格をしていますね。血統的に調教が進んでくるとうるさくなると見ていましたが、どうやらそういうこともなさそうです。真面目に走っていますが、迫力に欠けるということはなく、普段の調教や登坂時も、力強い歩様のキャンターを見せてくれています。求めているラインが高い分、馬体のハリがもうワンパンチ欲しいと感じるので、引き続き乗り込みながら成長を待ちます。先週末の馬体重は470kgです。」

タイキエイワンの19年産 厩舎:美浦・和田勇介(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ミッキーアイル 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2021/5/10 - ★5月下旬入厩予定★

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1200m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「5/2(日)にこちらに到着後、熱発など体調を崩すこともなく、元気に過ごすことができています。先週は5/5(水)まで楽をさせて、5/6(木)から騎乗運動を開始しました。角馬場での乗り運動とポリトラックコースでのキャンター1000mから始めて、週末にはそれに坂路調教1本を追加して調整してきています。坂路調教を開始した当日は少し飼い食いが落ちましたが、以降はしっかり完食できており、馬体重は410kgで少しずつ戻ってきています。引き続き、馬体に気を使いながら、調整を進めていきます。」

イータカリーナの19年産 厩舎:美浦・矢野英一(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エスケンデレヤ 母 イータカリーナ 母の父 Forestry
2021/5/10 - 先週の調教メニュー
サンシャインパドックへの放牧

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「常歩でも歩様に出すようになったため、先週はサンシャインパドックでの放牧のみで療養しています。放牧中はかなり元気な様子で、他馬の蹄音や鳴き声に反応してバタバタと暴れていますが、馬房に戻ればいつも通り人懐っこい様子です。ストレス発散はできているようですが、歩様に出ているように痛みがあるはずなので、放牧中はもう少し大人しくしてほしいところです。来週あたりまではしっかり休ませて、その後は曳き馬での歩様を見て、獣医師の判断を仰ぎながら立ち上げていく予定にしています。先週末の馬体重は492kgです。」

タイキグラミーの19年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 サトノアラジン 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2021/5/10 - ★5月下旬入厩予定★

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1200m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は5/4(火)まで楽をさせて、5/5(水)から騎乗運動を開始しました。角馬場での乗り運動とポリトラックコースでのキャンター1000mから始めて、週後半からはそれに坂路調教1本を追加して調整してきています。馬体重は495kgで、まだまだ余裕のある状態です。初めての馬場ですので、多少の物見はありますが、馬房ではソワソワした様子もなく、リラックスしてくつろいでいます。この辺りは母や兄姉に見られなかった精神的なタフさを感じます。今週からは調教強度を上げて乗り込んでいき、月末あたりの入厩に備えて乗り込みを進めていく予定にしています。」


△ ページの先頭へ戻る