ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
シルヴィーズモードの19年産 厩舎:美浦・萱野浩二(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダノンレジェンド 母 シルヴィーズモード 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
角馬場で乗り運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/18(金)に鍼灸医師による馬体チェックを受けており、前回傷んでいた股関節を含め、各所傷みのない状態で、翌日6/19(土)から角馬場で騎乗運動を開始しました。約4週間の休み明けでしたが、馬体の緩みはこちらが想定していたよりもだいぶ軽微なものでした。シャキシャキと元気よく動けており、トモもしっかり使うことができています。本日はウッドチップコースで1200mのハッキングも乗っており、テンションはやや高めですが、歩様に影響は感じません。問題なくこのまま立ち上げていくことができそうです。」

タイキキララの19年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 キズナ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「引き続き坂路コースで15-15ペースの強め調教を乗り込んでいます。馬体重は494kgと少し絞れてきて、動きのキレが増してきました。調教後は相変わらず元気一杯で、飼い葉への食い付きも落ちる様子もないので、暑さへの耐性は持っていそうですね。時期的に3歳馬の入れ替えでかなり立て込んでいるようですが、牧浦充徳調教師には引き続き入厩準備が整っていることを知らせています。現状では2,3週以内、遅くとも7月中には必ず、との返答をもらっています。」

タイキソレイユの19年産 厩舎:栗東・橋田満(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハービンジャー 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
サンシャインパドックでの放牧、曳き運動15分

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/18(金)に、発症後1か月のレントゲン検査を行っています。獣医師の見解は『かなり良くなっています。痛みも腫れも無いようなら、少し動かしても問題ないでしょう。炎症は治まってきているようなので、これからは患部を温めて治療していきましょう。』とのことで、6/19(土)から曳き運動を開始しています。落ち着いて運動できるまでは、しばらく曳き運動を続けていき、落ち着いてきたらウォーキングマシーンでの運動に切り替えていきます。治療は水冷からマイクロ波治療器で温める治療に切り替えています。」

フロレンティナの19年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ラニ 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/16(水)に、BTC坂路コースで強めの調教を行っています。1本目を16-15-15の3F-45.4、2本目を2頭併せで15-14-13の3F-41.9の時計で登坂しています。動きに不安はなく、後肢でチップを高く蹴り上げて力強いフォームの走りを見せてくれています。調教後も疲労の色を見せることはなく、馬房に帰ってすぐに飼い葉に飛びついています。馬体は適度に余裕のある状態を保っており、このまま夏場も順調に乗り込んでいくことができそうです。」

エヴェリーナの19年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 フリオーソ 母 エヴェリーナ 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/18(金)に鍼灸医師による馬体チェックを受け、各所に傷みがないことを確認し、翌日6/19(土)に坂路コースで強めの調教を行いました。1本目を15-15-15の3F-45.3、2本目を15-14-14の3F-43.5の時計で登坂しています。少し楽をさせたこともあって、坂路の入り口では珍しく興奮している様子でしたが、力強い動きを見せてくれています。約2か月後には札幌経由での入厩予定ですので、怪我には注意してじっくり乗り込んでいきます。」

タイキエイワンの19年産 厩舎:美浦・和田勇介(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ミッキーアイル 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は15-15ペースを上限に、坂路調教を継続して行ってきました。相変わらず動きの良さに目を引かれますね。馬体重は421kgでほぼ増減はありません。調教後の飼い食いは、時間は掛かりますが完食できているので、なんとか乗りながら430kgまでは増やして送り出したいですね。今週末の競馬の結果次第で変わることもありますが、今のところ来週中の検疫での入厩予定で段取りを組んでいます。」

イータカリーナの19年産 厩舎:美浦・矢野英一(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エスケンデレヤ 母 イータカリーナ 母の父 Forestry
2021/6/21 - 先週の調教メニュー
角馬場で乗り運動、ウッドチップコースでキャンター1200m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/15(火)に鍼灸医師による馬体チェックを受け、各所の傷みが解消されたことを確認してから、ウッドチップコースでのハッキングを開始しました。以前より確実にトモの入りが良くなっており、長引いた頓挫も意味のある休養となったことを確信しました。調教中に暴れて危ない場面もありましたが、まずはスムーズな立ち上げができています。6/18(金)からは1200mのキャンターに切り替え、調教強度を上げていますが、週末の馬体チェックでも傷みは見られません。今週は様子を見ながらキャンターの距離を延ばしていきます。」


△ ページの先頭へ戻る